上まぶたのたるみ

眉下切開リフトで上まぶたのたるみ取り

長澤院長も眉下切開リフトを受けています

「垂れ下がった上まぶたをなくして、若い頃の目元の印象に戻したい」とお考えの方へ。
腫れにくい、傷跡が目立たない、目元をすっきりさせる「眉下切開リフト」をおすすめします。

こんな症状でお悩みの方へ
「上まぶたが垂れて、二重のラインが昔と変わった」
「目の印象は変えずにたるみを取りたい」
「加齢で上まぶたが下がり、目が開けにくい」
「上まぶたがかぶさり、視界がせまい」
「厚くて腫れぼったいまぶたになった・・」

自然な目元の仕上りを重視し、傷が目立たない、腫れが少ない治療で、目元の印象を変えずに、たるみを除去できます。

眉下切開リフト後の効果

1.まぶたのかぶさりが取れ、目が開けやすくなります

上まぶたの重いかぶさりが取れることで、目の開きがよくなる効果が期待できます。

2.目の印象を変えずに、目元をすっきりさせます

目元におおいかぶさっている皮膚をリフトするため、目の印象は変わらずにもとの目元に戻す効果が期待できます。

3.目元を自然に若々しくしたい、とお考えの方へおすすめです

まぶたのたるみで目つきが悪く見える、目のせいで老けた印象に見られる、という方にお勧めしたい治療です。
眉下で指で軽く持ち上げた目元に近づくよう、患者様の希望を伺いながら治療いたします。

治療について

眉下切開リフトの流れ

眉下は皮膚の構造上、切開しても傷になりにくい、腫れにくい部位です。上まぶたを直接切開するよりも、ダウンタイムが少ない点、本来の目元の印象が変わらずに仕上がることが特徴です。

上まぶたのたるみの度合いを判断し、切開する皮膚の量、範囲をデザインし、手術をすすめます。
診察時のデザインが、もっとも重要な工程となります。

手術の手順

デザイン

上まぶたのたるみの状態を診察し、、取り除く皮膚の幅、厚み、範囲を決定しデザインします。

切除

眉下に沿って切開し、皮膚を取り除きます。

縫合

眉下に添うように縫合します。眉下は腫れが出にくく、傷がふくらみにくい箇所となります。
治療あとは眉毛で隠れるため、傷あとが心配な方へおすすめの方法です。

長澤院長自身の施術風景

たるみに合わせてデザイン

たるみの度合いによって、切開する皮膚の量、幅、範囲のデザインが変わります。

脂肪の重みでかぶさる方へ

眼輪筋の処置や脂肪除去で目元スッキリ若々しく

眉下を切開した際、必要に応じて眼輪筋の処置や脂肪の除去が可能です。
目を開けやすくし、重いまぶたをすっきりした印象に変えることが期待できます。

長澤院長自身も、眉下切開リフトを受けました!

親交のあるフェアクリニック川口院長 柴田医師の執刀で、長澤院長自身も眉下切開リフトを受けました。
「手術を体験したことで、より患者様の気持ちに寄り添った診療・説明を心がけています(長澤院長談)」

眉下切開手術・リアル手術大公開

眉下切開手術でどれくらい引き上がるのか、リアル動画を公開しています。

お電話受付時間 10:00~24:00

施術メニュー-Dr長澤の30年の経験でお伝えします

上のまぶたのたるみ、垂れ下がりは、若い頃の目の印象を変え、目つきが悪く見えます。
目の開け閉めに重さを感じる、かぶさりによって視界が十分でないケースもあります。
以前は上まぶたのたるみを取り除く手術を行っていましたが、腫れが長引く、いかにも「整形した」という不自然な目元になることがあり、躊躇なさる方も多くいらっしゃいました。
眉下は傷が残りにくく、切開・縫合をしても傷跡がきれいに仕上がりやすい箇所と言えます。
そのため、最近は上まぶたのたるみ取りのご相談は眉下切開リフトをおすすめすることが多く、患者様も希望されます。
「目の印象を変えずに、まぶたのたるみを取りたい」とお考えの方に、ご検討いただきたい治療です。
状態を拝見し、眉下切開リフトが適用か判断いたします。
どうぞご相談ください。

経過のホンネ

手術は眉毛の下に沿って行い、糸が7日間付いた 状態となります。
治療部位の保護のため、抜糸まで肌色の 細いテープを貼ります。
7日後が抜糸となり、抜糸後はファンデーションで傷口を カバーしていただいて結構です。
大きな腫れや内出血は出にくいですが7日間糸が付くため、 まとまったお休みが取れるときなどがおすすめです。

料金表

上まぶたのたるみ

治療項目 施術内容 費用(税込) モニター
眉下切開リフト 上まぶたのたるみを解消する治療法です。 385,000円 モニター募集
眉下切開リフト+脱脂 上まぶたのたるみを解消する治療法です。 495,000円 モニター募集

※税込金額となります。

お電話受付時間 10:00~24:00