切らない小顔形成

シュッとしたほほやあごで「小顔美人」に

女性が憧れる「理想の体のパーツ」の中でも、年齢を問わず人気がある「小顔(こがお)」。
モデルさんや芸能人を見ているとわかるとおり、小顔の女性はスタイルが非常によく見えます。
かつては観月ありささん、安室奈美恵さん、最近では乃木坂46の齋藤飛鳥さん、浜辺美波さんが「小顔美人」の代名詞で、患者様のリクエストでもよく名前があがります。いわゆる「シュッと」しているイメージですね。
ここでは、そんな「シュッとした小顔」になるための美容治療をご紹介いたします。

小顔はどのような治療があるの?

切らない治療で小顔形成が可能です

長澤院長はえら骨削り、ほほ骨削り、オトガイ短縮形成など骨削り(骨切り)手術を数多くてがけてきた小顔の専門医です。
出っ張った骨を削ることで小顔になる古くから人気の治療ですが、顔の皮膚を部分的に切除して中の骨を削って除去するため、傷跡や腫れなどのダウンタイムを長くとる必要がある治療でした。実際に骨削り手術を受けるのは少数の方々でした。
現在は医療技術も進歩し、骨削りと同等の効果が出せる小顔形成治療が、切らない・削らない方法で行われています。

糸のリフトでシャープに引き締め

ほほやあごのたるみをキュッとシャープに

ゆるんだほほやあごのたるみがあると、顔が丸く、大きく見えます。
このケースの場合、注射針によって皮膚の中に糸を挿入し、中からリフトアップすると同時に、針を刺した刺激によって皮膚が引き締まる効果がある「糸のリフト」が効果的です。
たるみの解消と引き締めが同時に得られる治療のため、特に30~50歳代の方に人気の小顔形成治療です。
治療あとはほぼ残らず、腫れや内出血が出にくいことも特長です。

症例写真

治療名:スラッシュリフト+Vスレッドリフト
治療後一時的に赤みや内出血が生じることがあります。

脂肪の丸みは溶解注射が効果的

BNLS注射で脂肪を溶解して排出

脂肪を溶解して体外へ排出するBNLS注射は、ほほやあごなど脂肪によって丸みを帯びた箇所、たるんだ箇所をピンポイントでシャープにできます。
植物由来成分を主成分としているため、体への負担も少なく安心してお受けいただけます。
脂肪を分解しリンパ循環作用や肌の引き締め作用もあるため部分痩せに最適で、10分ほどで終了する手軽さや脂肪吸引と同様にリバウンドがないことも人気の小顔形成治療です。

えらの張りで大きく見える顔には

ボトックス注射でえらの張りを解消

奥歯に力を入れた時にふくらむ咬筋(こうきん)が発達していると、力こぶのように筋肉が張ってえらが強調されます。
アンチエイジング治療で有名なボトックスは筋肉を痩せさせる効果があり、えらの筋肉を効率よく縮小させます。
咬筋が縮小しても物を咬む力が弱くなるわけではありませんのでご安心ください。
えらの張りによって顔が大きく見える、角ばって見える、丸顔に見える、というケースは多く、ボトックス注射による10分の治療で解消します。
注射の治療で傷跡の心配がないため、年齢問わずに大変人気の小顔形成治療です。

あごをシャープにすると小顔に見える

あごヒアルロン酸注入でEラインを美しく

「あご」は丸顔にもシャープな小顔にも見せる、重要なパーツです。
あごがだぶついていると丸顔、シャープな形状だと小顔の印象を与えます。
正面から見た場合だけでなく、側面から見た場合の整ったシャープなラインを考慮することが大切です。
その基準となるのが、一般にEラインと呼ばれるものです。
Eラインとは、鼻先・上唇・下唇・顎先の4点を結んだラインのことで、これが直線になるのが望ましいとされています。
多くの日本人はあごが引っ込んでいるため、一直線になるようにヒアルロン酸を注入しあご先を尖らせることでフェイスラインをシャープに見せることができます。
ヒアルロン酸を注入することでバランスの取れたEラインにし、「シャープな輪郭」「小顔」の印象を与えることができます。

ウルセラ(HIFU)による小顔形成

超音波照射で小顔+たるみ予防

ウルセラは超音波照射によって、皮膚直下にある表情筋筋膜(SMAS:スマス)へのリフトアップ効果と引き締めがFDA(アメリカ食品医薬品局)認可の医療機器です。
たるみの原因である筋膜を引き上げると同時に、皮膚の内側を引き締めるタイトニング効果があります。
ウルセラは小顔形成とたるみ解消を同時に実現する、切らない小顔形成の中でも優れた方法としておすすめです。
ウルトラセル、マイクロソンなどのHIFU機器でも同様の効果が得られます。

ほほ・あごの脂肪吸引で小顔に

リバウンドのない小顔形成

ほほやあごの脂肪が多く、顔が丸い、大きく見える方には脂肪吸引も選択肢のひとつです。
極細のカニューレという脂肪吸引用の注射器によって皮膚表面より深い部分の脂肪を吸引していきます。
脂肪細胞を吸引・排出するため脂肪が減るだけでなく、脂肪細胞が再生することがないためリバウンドする心配がありません。
カニューレ管を皮膚の内側に通した刺激によって肌の引き締め効果もあるので、とても効果的な方法です。

脂肪吸引によって輪郭がひとまわり小さくなり、確実な小顔形成治療と言えます。
ただ、これまでの小顔形成治療の中で、腫れや内出血などのダウンタイムがもっとも長い治療となります。

お電話受付時間 10:00~24:00

施術メニュー-Dr長澤の30年の経験でお伝えします

施術のホンネ

前述したとおり、以前は小顔治療の選択肢と言えば骨削り(骨切り)手術が主で、20年ほど前は私も月に3~4件手術を行っていました。
骨削り手術は骨がせり出している方には効果的な方法でしたが、問題は長い長いダウンタイム。なにしろ皮膚を骨の位置まで切開し、器具(電動のカッターやのこぎりのようなもの)やノミを使用して硬い骨を削って取り出すので、腫れや内出血は相当なものでした。治療部位に傷跡も残るため、「周囲にばれずに小顔治療」と呼べるものではありませんでした。
今回この項目では、ダウンタイムがほぼない小顔形成治療をセレクトしました。脂肪吸引が術後にむくみ、場合により内出血でやや青くなることがありますが、それ以外の治療はほぼ周囲にわからずに受けられる小顔形成治療と言えるでしょう。
えらのボトックス注射などは、回数を重ねると本当にほっそりシャープな輪郭となり、「えらを削らなくても注射だけでここまで効果が出るなんだな」と驚くほどです。
ここでご紹介した治療は、注射や医療機器の照射のみで手術と同等の効果が出せる「周囲に内緒で受けられる小顔形成治療」です。
その方の状態によって結果に差があるため、入念な診察カウンセリングのうえで治療方法をご提案し、ご検討いただいております。理想的な小顔になるために、どのような治療方法が適しているか患者様と一緒に考えます。
どうぞご相談ください。

料金表

切らない小顔形成

日帰り 術後メイク

施術項目 施術内容 費用(税別) モニター
ヒアルロン酸注入 ヒアルロン酸を頬やゴルゴライン、法令線などへ注入し溝を浅くさせる治療です。 1cc 50,000~100,000円  
しわ取り注射 ボツリヌストキシンを用いて表情筋の動きを弱めしわをなくします
※部位により費用が異なります
30,000~50,000円  

お電話受付時間 10:00~24:00