多汗症は臭いがする?ワキガとの違いと、同時に施術可能な治療法を紹介

季節を問わず大量の汗が出る多汗症の方は、汗の量だけではなく臭いにも悩んでいるケースが多いようです。しかし、多汗症の汗とワキガの汗は、まったく性質が異なります。その一方で、大量の汗が臭いの拡散に関与していることもまた事実です。

そこで今回は、多汗症の汗の臭いとワキガとの違いについて、わかりやすく説明します。多汗症とワキガを同時治療する方法もいくつか紹介しますので、汗の量と臭いに悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

「多汗症で出る汗」と「臭いのもとになる汗」は別物

まず、多汗症で問題となる大量の汗と、臭いのもとになる汗、つまりワキガの原因になる汗との違いを簡単に解説します。

多汗症の汗は、エクリン汗腺から出る

多汗症で分泌される大量の汗は、エクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出る汗です。

エクリン汗腺は全身の皮膚表面に広く存在する汗腺で、おもに体温調節のために汗を分泌します(温熱性発汗)。分泌される汗はサラサラで、成分は99%が水分であるため、ほぼ無臭です。ただし、汗をかいたあと長時間放置すると、雑菌が発生して臭いを放つこともあります。

エクリン汗腺の働きを支配しているのは、交感神経(自律神経の一種)です。そのため、精神的な緊張や興奮などで交感神経の働きが高まると、汗の分泌量が多くなります(精神性発汗)。このほか、辛いものを食べたときに額や鼻などにかく汗も、エクリン汗腺から分泌される汗です(味覚性発汗)。

なお、多汗症で大量の汗が分泌される原因は明らかになっていませんが、交感神経の興奮が関係しているといわれています。

強い臭いのもととなる汗は、アポクリン汗腺から出る

ワキガ特有の臭いは、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から分泌される汗が原因です。

アポクリン汗腺は、わきの下や乳首、下半身など限定された部位のみにあります。性ホルモンの影響を受けて働きが活発になるため、臭いが気になりだすのは思春期前後からです。

分泌される汗は、脂肪やたんぱく質などを多く含んでいますが水分が少ないため、ねばつきがあります。もっとも、分泌されたばかりの汗に臭いはほとんどありません。汗が細菌に分解されると、ワキガ独特の強い臭いを放つのです。

ただし、アポクリン汗腺の大きさや数には個人差があります。ワキガ体質の人の場合、アポクリン汗腺が大きくて数も多いのが特徴です。

多汗症の汗は臭わない?ワキガとの違いは?

人, 持つ, 女性, ラケット が含まれている画像

自動的に生成された説明

このように、多汗症の汗とワキガの汗はまったく異なるため、多汗症で臭いが問題となることは本来ないはずです。しかし、多汗症に悩む方の多くが、臭いにも悩まされています。なぜ、そのようなことになるのでしょうか。

多汗症=ワキガではありません!しかし……

多汗症は、文字どおり大量に汗をかく症状のことを指します。分泌される汗はエクリン汗腺から分泌されるさらさらした汗で、臭いはほとんどありません。

一方、ワキガはアポクリン汗腺から分泌された汗が細菌に分解され、独特の臭いを放つ症状です。

どちらも汗が原因で生じますが、汗の種類が異なるため“多汗症=ワキガ”ではありません。

しかし大量に汗をかくと、エクリン汗腺だけではなくアポクリン汗腺からも汗が分泌されます。そのため、多汗症がきっかけでワキガを併発する可能性もあるのです。

もっとも、多汗症の人がどの程度ワキガを合併するのかは明らかになっていません。しかし、ワキガの人の半数以上が多汗症を合併しているといわれています。

多汗症が原因でワキガの臭いが強くなることも

ワキガの症状が軽微でも、多汗症を併発していると臭いが強くなる可能性があります。

ワキガの臭いのもととなる物質は揮発性が低いため、そのままの状態で他人が臭いを強く感じることはありません。しかし、多汗症で大量に汗をかいて臭いの原因物質が希釈されると、汗が蒸発する際に臭いが空気中に広がり、結果として臭いを強く感じることになります。

自分自身では臭いがそれほど気にならないにもかかわらず、他人に臭いを指摘されたことがある方は、このようなことが原因かもしれません。

多汗症とワキガは同時に治療可能

下着姿の女性

自動的に生成された説明

多汗症とワキガは原因の異なる症状ですが、どちらも“汗腺”が原因なので同時治療が可能です。ここからは、汗と臭いの悩みを同時におさえる代表的な治療を、体への負担が少ない順に紹介します。

ボツリヌストキシン注射

シワ取りにも利用されるボツリヌストキシンを注射し、汗腺の働きを弱める治療です。おもに多汗症の治療に用いられますが、発汗量が減るためワキガの臭い軽減にも役立ちます。メスなどを使わず薬液を注射するだけなので、わきのほか、手のひらや足の裏、額、頭皮の多汗症に悩む方にもおすすめです。

治療時間はごく短く、わきであれば10分ほどで終了します。ダウンタイムはないため、忙しい方でも気軽に受けられるのが大きな特徴です。発汗抑制効果は、注射から2~3日後にはあらわれ、効果のピークは1~3ヵ月後。その後少しずつ効果は薄れてきますが、6~8ヵ月は効果が持続します。

永久的な効果は得られませんが、汗ばむ季節だけ汗を止めたい方・結婚式など大切なイベントに合わせて症状を改善したい方におすすめの治療です。

マシンによる治療

医療用のマシンを用いれば、ワキガや多汗症の原因である汗腺をピンポイントで焼灼・破壊することも可能です。ここでは、代表的なマシンによる治療を紹介します。

・ビューホット

ビューホットは、高周波で汗腺を破壊する医療用マシンです。わきの下の皮膚にごく細い針を刺し込み、汗腺に高周波をダイレクト照射して凝固・破壊します。破壊された汗腺は再生しないため、永続的な効果を期待する方におすすめです。

治療時間は両わきで約20分、ダウンタイムはありません。そのため、子育て中の方や忙しいビジネスパーソンの方でも気軽に受けられます。

・ミラドライ

ミラドライは、マイクロ波で汗腺を破壊する医療用マシンです。マイクロ波の特性を活かし、水分を多く含む汗腺組織(エクリン汗腺・アポクリン汗腺)を焼灼・破壊します。ビューホット同様、破壊された汗腺は再生しないため、長期的な効果が期待できます。

治療時間は両わきで約20分。ダウンタイムがないため、治療を受けた日から通常の生活に戻れます。

手術による治療

多汗症やワキガの症状が非常に強い場合は、手術による治療がおすすめです。ダウンタイムは長めですが、より高い効果が期待できます。

・イナバ法

イナバ法は、わきのシワに沿って皮膚を2cmほど切開し、専用に開発された医療器具で汗腺を取り除く治療です。毛根も同時に除去するため、永久脱毛効果も得られます。

治療時間は両わきで30分ほど。術後は固定が1週間必要で、おおむね1週間後に抜糸します。抜糸までの1週間は、重いものを持ち上げたり肘を高く上げたりできません。抜糸後はわきの下に大きな負担のかからない運動はできますが、本格的な運動ができるのは3週間後以降になります。

・剪除法(せんじょほう)

剪除法は、わきの皮膚の中央部分を切開して反転させ、アポクリン汗腺を目で確認しながらていねいに取り除く治療です。アポクリン汗腺と同時に、近くにあるエクリン汗腺も取り除かれるため、多汗症の症状軽減にも効果が期待できます。

治療時間は両脇で40分程度です。イナバ法と同じように、術後1週間ほどは運動が制限されます。また、本格的な運動は手術から3週間は控えなければなりません。

多汗症もワキガも当クリニックにおまかせください

多汗症とワキガは、別のものです。しかし、多汗症とワキガは併発する場合が多く、さらに多汗症でワキガ臭が強くなる可能性も指摘されています。大量の汗や臭いで悩んでいる場合は、積極的に美容クリニックなどを受診し、医師と一緒に治療方法を模索しましょう。

当クリニックでは、多汗症とワキガを同時に治療できる方法をいくつもご用意しています。今回ご紹介した方法のほか、院長が独自に考案した超音波と高周波を併用する方法、超音波で汗腺を破壊したあとにカニューレ(細い管)で汗腺を吸入する方法なども選択可能です。多汗症の悩みもワキガの悩みも、当クリニックにお気軽にご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧