産後にワキガになった?気になる原因とケア方法

【医師が回答】産後ワキガの原因とケア方法を解説

「出産後にワキガ臭が気になるようになった」と悩む方は少なくありません。ワキガは性ホルモンと関係が深いため、ホルモンバランスが大きく変わる妊娠中や出産後にワキガになることは不思議なことではありません。しかし、ワキガ臭が強くなる原因は、実は性ホルモンだけではないのです。

今回は、出産後にワキガ臭が強くなる原因と日常生活のケア方法、そして、子育て中でも受けることができるワキガ治療について解説します。

産後のホルモンバランスの乱れがワキガ臭に影響します

ワキガの原因となる汗を分泌するアポクリン汗腺は、ホルモンの影響を大きく受けます。そのため、ホルモンバランスが大きく変化する妊娠中・出産後に体臭が変化することも珍しくありません。

ホルモンの影響を受けるワキガ臭

赤ちゃんの体にはアポクリン汗腺が多数ありますが、将来ワキガになる赤ちゃんでもワキガ臭がすることはありません。ワキガのニオイが気になり始めるのは、性ホルモンの分泌が活発になる思春期ごろからです。

特に女性の場合、排卵期や生理直前にワキガ臭が強くなる人もいます。一方、性ホルモンの分泌が減少する閉経期になると、ワキガ臭が気にならなくなることもあります。

このように、ワキガ臭は性ホルモンと深い関わりがあることが知られています。

妊娠中・出産後はホルモンバランスが大きく変化

妊娠・出産・授乳~卒乳まで、女性のホルモンバランスは大きく変化します。その影響で体臭が変化し、ワキガに悩む方も少なくありません。逆に、もともとワキガの方が「ワキガが気にならなくなった」と感じる場合もあります。

しかし、ホルモンの影響でアポクリン汗腺の数が増減することはありません。また、体臭の変化は一時的である場合がほとんどです。出産後、数ヵ月~1年ほどしてホルモンバランスが落ち着き生理が再開すれば、体が妊娠前とほぼ同じ状態になるので、体臭も元に戻ることが多いのです。

生活習慣の変化がニオイの原因になることも

妊娠中・出産後はホルモンバランスだけではなく生活環境も大きく変化します。特に出産後は赤ちゃん中心の生活が続くため、睡眠や食事もままならないことがあります。また、自分自身の時間をとることが難しくなるのでセルフケアが十分にできず、ニオイがより一層気になることもあるでしょう。さらに、慣れない生活によるストレス、食生活の変化などがニオイの原因になることもあるのです。

妊娠・出産は女性にとって大切なライフイベントの一つですが、それにともない体の中も周囲の環境も劇的に変化します。そのため女性にとって「ワキガになりやすい環境がそろっている」時期ともいえるのです。

日常生活で産後のワキガをケアする方法

日常生活で産後のワキガをケアする方法

出産後は何かと大変な時期ですが、ワキガ臭が気になるとストレスがたまり、体調や赤ちゃんのお世話にも悪影響を与えかねません。しかし、日常生活にちょっとしたケアを取り入れれば、出産後のワキガの悩みを軽減できることもあります。

野菜中心の食生活をする

肉類や油脂を多くとると、体臭が強くなりがちです。また、乳製品などの動物性タンパク質をとりすぎることもおすすめできません。極端な食事制限は健康上よくありませんが、野菜を十分にとるようにすると、ワキガ臭の軽減につながります。
なお、野菜中心の食生活は母乳育児にもよい影響があるといわれています。

こまめに汗をふく

ワキガの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗です。汗そのものにはニオイがありませんが、皮膚に存在する細菌に分解されると独特のニオイを発するようになります。また、エクリン汗腺から分泌される汗は蒸発しやすく、ワキガ臭と混ざってニオイを広く拡散させます。

このようなことから、ワキガ臭の予防にはこまめに汗をふくことが非常に重要です。汗をふき取る際に、除菌・殺菌効果のある市販のわき専用シートを使うと、より高い効果が期待できます。ただし、わき用ではない除菌シートなどを使うと、刺激で肌が荒れ、かゆみなどが生じることもあるようです。わきの皮膚はとてもデリケートなので、必ずわきに使えるタイプのものを選ぶようにしましょう。

わき毛を処理する

わき毛が伸びていると、雑菌が付着して繁殖しやすくなります。また、わき毛の量が多いと蒸れやすく、ニオイも拡散しやすくなります。できるだけわき毛を処理して、ニオイの原因を減らすようにしましょう。

ただし、わき毛をすべて処理する必要はありません。量を減らすだけでも、ワキガには効果が期待できます。

湯船につかる

可能であれば、しっかりと湯船につかって汗をかくようにしましょう。老廃物がたまっていると、汗をかいたときにニオイが強くなりがちなため、汗腺をひらいて老廃物を排出することが大切です。また、体を温めることは新陳代謝の活性化にもつながりますし、ストレス解消にも効果的です。

デオドラント製品を使う

セルフケアをする時間が十分にない、あるいはケアしてもニオイが気になるという場合には、ワキガ用のデオドラント製品を利用しましょう。さまざまなタイプが発売されていますが、長時間の効果を期待する場合は、クリームタイプやロールオンタイプがおすすめです。

なお、デオドラント製品を使う前には汗をきれいにふき取り、わきを清潔にしてから使いましょう。汗が残っている状態で使うと、十分にニオイをおさえられないことがあります。

産後・子育て中にも受けられるワキガ治療

子育て中でも、ワキガ治療は受けることができます。ワキガのニオイがなかなか解消されない場合には、医療機関に相談しましょう。ここでは、体に負担が少なく、日常生活の制限がほとんどない治療方法をいくつか紹介します。

なお、妊娠中・授乳中は治療を受けることができない場合もあります。カウンセリング時には、妊娠・授乳の有無を必ず伝えましょう。

ボツリヌストキシン注射

ボツリヌストキシン注射は、発汗抑制効果が期待できる治療方法です。注射後2~3日で効果があらわれ始めるといわれており、1~3ヵ月後くらいにその効果をもっとも期待できます。その後徐々に効果が弱くなりますが、一般的には6ヵ月程度は効果が持続するといわれています。

ボツリヌストキシン注射は、主にエクリン汗腺からの発汗をおさえますが、エクリン汗腺からの発汗が減ることで、ワキガ臭の拡散をおさえる効果が期待できます。

治療時間が10分程度と短く、ダウンタイムもほとんどないので、時間に余裕のない方でも受けやすい治療です。

マシンによる治療

マシンを使い、電磁波や高周波で汗腺を熱破壊する治療方法です。ワキガだけではなく、多汗症の治療にもよく用いられています。破壊された汗腺は再生しないので、長期的な効果を期待したい方におすすめです。

治療時間はマシンの種類により異なりますが、20~60分程度かかるのが一般的です。なお、ダウンタイムはほとんどありません。

超音波を使った治療

HIFU(ハイフ:高密度焦点式超音波照射器)を照射し、汗腺を破壊する治療です。HIFUのみではすべての汗腺を一度に破壊することが難しいため、ほかの治療法と併用して行われることが多いです。

実際の治療では、HIFU照射後にわきの皮膚の内側に細い管(カニューレ)を挿入し、汗腺を直接吸引・除去します。また、高周波マシンを併用して、超音波で破壊しきれなかった汗腺を熱破壊する方法がとられることもあります。治療時間は、30~40分程度です。

マシンを併用する場合、ダウンタイムはほとんどありません。カニューレを使う場合であっても、傷はごく小さなものなので、ダウンタイムも短くて済みます。

産後のワキガは一時的!気になる場合は美容整形に相談を

出産後はホルモンバランスが変化し、生活環境が大きく変わるため、一時的にワキガ臭が強くなることがあります。食生活の改善や汗をこまめにふくことでニオイの軽減を図ることもできますが、ワキガがストレスになる場合は、積極的な治療も視野に入れましょう。

当クリニックでは、ダウンタイムがほとんどなく、日常生活上の制限も少ないワキガ治療を数種類ご用意しています。カウンセリングは、完全個室のプライベート空間で院長みずからが行います。ニオイレベルや汗の量などに応じて、よりよい効果が期待できる治療方法をご提案いたしますので、体にかかる負担の少ない治療を受けたい方、ワキガ臭のストレスで子育てがつらいという方は、ぜひご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧