ワキガ治療の費用をおさえたい!保険適用のある治療を紹介

保険適用が可能な2種類のワキガ治療を徹底解説

ワキガは手術で治療することができますが、保険適用のある手術があることはあまり知られていません。保険を使って治療を受ければ費用負担が大幅に軽減されますが、適用には条件があります。また、保険適用で受けることができる手術の種類は限られています。

そこで今回は、保険適用でワキガ手術を受けるための条件と、実際に受けることができる2種類の治療のメリット・デメリットを紹介します。

保険適用のあるワキガ手術は2種類あります

保険適用のあるワキガ手術は2種類あります

ニオイの強いワキガは、医療機関で治療を受けることができます。ワキガ治療ができる手術はいくつかありますが、保険適用のあるワキガ手術は2種類のみです。ここでは、保険を使ってワキガ治療を受ける際の条件と、保険適用のあるワキガ手術の方法について解説します。

ニオイの強いワキガは保険を使って治療できます

ワキガの治療は、保険を使って治療することができます。しかし、保険の適用には条件があり、「悪臭はなはだしく他人の就業に支障を生じる事実が明らかであって、客観的に医療を加うべき必要がある場合」とされています。そして「軽度のものは給付外」ともされています。

つまり、保険の適用対象は「他人に迷惑をかけるほどニオイの強いワキガ」に限られ、ニオイが強くない人、症状が多汗のみの人などは、保険を使ってワキガ手術を受けることはできません。

しかし、ニオイの強さを自分自身で評価することは難しいものです。医療機関を受診すれば客観的にニオイレベルを診断してもらえるので、「人には指摘されないけれど、ニオイが気になる」、「自分では気にならないけれど、人にニオイを指摘されたことがある」という方は、医療機関に相談してみましょう。

保険適用が認められているのは「皮膚切除術」と「皮弁法」

保険適用が認められているワキガ手術は、「皮膚切除術」と「皮弁法」です。皮弁法は、「剪除(せんじょ)法」、「切開剪除(せんじょ)法」、「直視下摘除法」などほかの名称で呼ばれることもあります。

皮膚切除術は、わきの下の皮膚を取り除く治療です。高い治療効果が期待できる方法ですが、デメリットも多いので対応している医療機関は少なめです。

皮弁法は、多くの医療機関で行われています。皮膚を切開し、汗腺を直接目視で確認しながら取り除く方法です。汗腺を100%取り除くことは難しいため、わずかにニオイが残ることもあります。

【保険適用のワキガ治療】皮膚切除術のメリットとデメリット

次は、皮膚切除術の詳しい内容と治療効果、そして皮膚を切除することで生じる可能性があるデメリットについて解説します。

皮膚をまとめて取り去る「皮膚切除術」

皮膚切除術は、わきの下の毛の生えている部分の皮膚を取り除き、縫い合わせる手術です。

ワキガ臭の原因となる汗は、「アポクリン汗腺」という汗腺から分泌されます。アポクリン汗腺は毛穴に付随する汗腺ですが、わきの下・耳穴・陰部・乳輪・へそなど限られた部位に存在します。

皮膚切除術では、わき毛の生えている部分の皮膚を取り除くので、毛穴近くにあるアポクリン汗腺も一緒に取り除くことができます。後述の皮弁法のようにアポクリン汗腺を目視で確認するわけではありませんが、高いニオイ抑制効果が期待できるでしょう。

皮膚を切り取ることで生じるデメリット

皮膚切除術では広い範囲で皮膚を取り除くので、手術後に傷のひきつれを強く感じることがあります。そして、傷跡が長く太くなることが多いので、目立ちやすいというデメリットもあります。

また、皮膚を切除した部分のアポクリン汗腺は除去することができますが、わきの中心から離れた部分にあるアポクリン汗腺を取り残すことがあるともいえます。

高い治療効果は期待できるものの、手術後のデメリットが大きく、アポクリン汗腺を取り残すおそれもあるため、皮膚切除術を治療の第一選択肢としてあげる医療機関は少ないのが現状です。

【保険適用のワキガ治療】皮弁法(ひべんほう)のメリットとデメリット

皮弁法は、保険を使ってワキガ治療を受ける際に選択されることが多い治療法です。入院施設のある医療機関では、術後ケアのために入院をすすめられることもありますが、多くの医療機関では日帰り手術に対応しています。

アポクリン汗腺を除去する「皮弁法」

皮弁法は、わきの下の皮膚を切開して、皮膚の裏のアポクリン汗腺を目で確認しながら、医療用のはさみで取り除く方法です。

皮弁法では、わきの下を1~2カ所、4~5cm程度切開します。そして皮膚を反転させ、アポクリン汗腺を確認しながらていねいに取り除きます。取り除かれたアポクリン汗腺は再生することがないので、高い治療効果が期待できます。また、傷が比較的小さいので目立ちにくく、大きなひきつれも生じにくいです。

なお、皮弁法ではアポクリン汗腺を取り除く際に、毛のもととなる毛母細胞も一緒に取り除きます。そのため、皮弁法を受けると永久脱毛効果も得ることができます。

医師の技術で結果が左右されやすい

皮弁法では、手術を行う医師にアポクリン汗腺を見分ける知識や経験が要求されます。また、アポクリン汗腺をすべて取るためには技術が必要とされるので、治療を検討する際には医師選びが重要になります。

実際、皮弁法を受けたものの「手術範囲が狭い」「アポクリン汗腺の除去が不十分」といった理由で、再手術を希望する方もいます。しかし、最初に受けた手術後の皮膚の状態が良くないと、再手術をしても十分な効果が得られないことがあります。

医師選びは慎重に行い、信頼できる医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

手術後はしばらくケアが必要

皮弁法は、手術後しばらくケアが必要です。ケアを怠ると合併症が起こることもあるので、アフターケアにも配慮してくれる医療機関を選ぶようにしましょう。

通常、手術後は傷を安静に保つため、ガーゼや包帯などを使ってわきの部分を少し強めに固定します。固定している間は、腕の上げ下げが困難になります。強めの固定は3日ほどではずれますが、その後もゆるめの固定は続きます。

手術後1週間程度で抜糸をしますが、重いものを持ったり、ひじを高く上げたりするのは厳禁です。なお、抜糸までは入浴や全身のシャワー浴が禁じられることが多いです。ただし、下半身のシャワー浴は、手術の翌日から可能な場合がほとんどでしょう。

内出血や皮下に少量の血がたまることもありますが、2週間~1ヵ月ほどでおさまります。しかし、手術後に体調が変わったり、不安なことがあったりする場合は、自己判断を避け、主治医に相談するようにしましょう。

保険適用のあるワキガ治療は、適切な医療機関で受けましょう!

ニオイの強いワキガは、保険を使って治療することができます。保険適用のある治療方法は「皮膚切除術」と「皮弁法」の2種類ですが、多くの医療機関で実施されているのは「皮弁法」です。皮弁法は、手術を担当する医師の技量により結果が左右されるので、医師選びは慎重にしましょう。

当クリニックでは、ワキガで悩む方のためにさまざまな治療方法をご用意しています。ワキガのニオイレベルだけではなく、多汗症の有無、生活背景や年齢にも配慮して、よりよい治療方法をご提案いたします。活動量が多い中学生・高校生でも受けることができる治療もありますので、自分にあう治療方法がわからない方、お子さんの抱える悩みを解決したいとお考えの方は、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧