多汗症の治し方【生活習慣の見直しから手術まで】

多汗症とは? 原因・症状とその対処法を徹底的に解説します

緊張やストレスで汗をかいたり、刺激のある食べ物で発汗量が増えたりすることは、だれにでもあるものです。しかし、生活に支障が生じるほど大量に汗をかく場合は、「多汗症」の可能性があります。

多汗症はさまざまな原因で症状が悪化しますが、生活習慣の改善で発汗量が抑えられることもあります。また、医療機関で治療を受けることもできますが、定期的な通院が必要であったり、副作用が生じたりする場合もあるようです。

そこで今回は、多汗症をケアする方法を紹介するとともに、医療機関で受けることができる治療の概要、注意点などを解説します。

多汗症にはさまざまな原因が考えられます

多汗症にはさまざまな原因が考えられます

多汗症を治すためには、多汗症の原因を知る必要があります。そこでまず、多汗症の主な原因について解説します。

ストレスや緊張などにともなう多汗症

極度の緊張や不安などのストレスにさらされると、交感神経が活発になって発汗が促されます。そして多汗症の人は、交感神経がほかの人に比べて敏感で、大量に汗をかきやすいといわれています。しかし、なぜそのようになるのかは、いまだ明らかになっていません。

病気が原因の多汗症

代謝や内分泌に関わる病気、神経に関連する病気などがあると、多汗症の症状があらわれることがあります。また、感染症が原因で汗をたくさんかくこともあります。

多汗症の原因となる病気や症状としては、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、糖尿病、肥満症、パーキンソン病、結核、敗血症、悪性リンパ腫などがあります。

ホルモンバランスの乱れによる多汗症

ホルモンバランスの乱れが原因で、多汗症になることもあります。よく知られているものとしては、更年期に生じる多汗症です。その他、妊娠や月経の影響で汗の分泌量が多くなることもあります。

食生活などの影響で生じる多汗症

辛いものや熱いものを食べたときには、多少の発汗をともなうものですが、顔面を中心にしたたるほどの汗をかく場合は、多汗症の可能性があります。また、中枢神経を刺激するカフェインやニコチンが原因で、多汗症の症状があらわれることもあります。

日常生活に取り入れることができる多汗症の治し方

前述のように、多汗症の原因は日常生活と深く関わっているものが多いです。そこで生活習慣の改善など、セルフケアで多汗症の症状をやわらげる方法をいくつか紹介しましょう。

食生活の改善

辛いものや熱いものなど、刺激の強い食べ物を食べると汗をかきやすくなります。このような食べ物・飲料を避けるのが理想ですが、やむを得ない場合は摂取量を控えるようにしましょう。また、カフェインも交感神経の働きを活発にします。カフェインは、コーヒーや紅茶のほか、栄養ドリンクなどにも配合されているので注意しましょう。

生活習慣の改善

タバコに含まれるニコチンは、交感神経を刺激します。多汗症の方は、禁煙・減煙を心がけましょう。また、しっかり眠ること・リラックスできる時間を持つことも大切です。ストレスをコントロールして、心や体を緊張から解放すると、汗の分泌量を抑えることができます。

制汗剤の使用

市販の制汗剤の利用も有効です。制汗剤を使用して安心感を得ることができれば、それだけで発汗抑制効果が期待できます。また、汗のニオイが気になる場合は、デオドラント効果のあるものを利用するとよいでしょう。

医療機関でおこなわれる多汗症の治療方法

生活習慣の改善をしても発汗量が抑えられない場合は、医療機関での治療も視野に入れましょう。

病気が原因の場合は治療が最優先

バセドウ病など病気が原因で発汗量が増えている場合には、病気の治療が最優先です。原因となっている病気の治療が進めば、それにともなって発汗量も減ってきます。

多汗症の原因となる病気の中には、早急に治療しなければ命に関わるものもあります。ある時期から急に発汗量が増えた、多汗以外にも気になる症状がある、という場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

塗り薬で汗を抑える

塩化アルミニウムを配合した塗り薬を、発汗量の多い部分に塗布します。通常は1日1回寝る前に塗りますが、日中に使用することもあります。手足の発汗量が多い場合は、塗り薬を塗った後に、食品用ラップフィルムやプラスチック製手袋などで覆うと効果的です。

塗り薬を使う治療は、効果が出るまでに2~3週間かかります。発汗量が落ち着いてきたら、週2~3回塗るだけで効果を維持することができます。

弱い電流を流す治療

「イオントフォレーシス」と呼ばれる治療です。手のひら、足の裏を水道水の入った容器内に浸し、弱い電流を流します。感電することはないので、ご安心ください。1回30分の治療を8~12回ほど定期的に繰り返すと、発汗量が減ってきます。効果を維持するために、週1~2回の治療が必要です。

なお、わきの下の治療は体の構造的に難しいので、手足の多汗症のみが適応となります。

ボツリヌストキシン注射による治療

発汗に関与するアセチルコリンという物質の分泌を、ボツリヌストキシン(ボトックス)で抑え、汗の量を減らす治療です。発汗量の多い部分にボトックス注射をすると、2~3日後から汗の分泌量が減ってきます。注射の効果は1~3ヵ月後がピークですが、発汗抑制効果は6ヵ月ほど持続します。

ボトックスには筋肉の収縮を抑える働きがあるため、手のひらなどに注射すると筋力の低下が見られることがあります。しかしこれは一時的なもので、自然に筋力は回復してきます。

手術による治療

胸部の「交感神経節」と呼ばれる部分を、切り取ったり焼き切ったりする方法で、内視鏡的胸部神経遮断術(ETS)と呼ばれます。全身麻酔で、内視鏡を使っておこないます。

手のひらの多汗症に非常に有効な治療方法ですが、手術後に胸、腰、背中などから大量に汗をかく「代償性発汗」が生じることがあります。この手術は一度おこなうと元の状態に戻すことができないため、手術前にメリット・デメリットをよく理解しておかなければなりません。

マシンによる治療

マイクロ波や高周波を使ったマシンで汗腺を熱破壊し、発汗量を抑える治療方法です。マイクロ波を利用したマシンとしては「ミラドライ」、高周波を利用したマシンとしては「ビューホット」があります。

いずれも、皮下にあるアポクリン汗腺(わきがの原因となる汗腺)やエクリン汗腺(多汗症の原因となる汗腺)を熱変性・破壊するので、多汗症だけでなくわきがの治療も同時にすることができます。一度ダメージを受けた汗腺は再発することがないので、一度の治療で長期的な効果が期待できます。

マシンによる治療は皮膚へのダメージが少なく、ダウンタイムもほとんどないので、手術に抵抗がある方や頻繁に通院することが難しい方におすすめです。
なお、マシンによる治療は、主に美容整形でおこなわれています。

生活習慣の見直しで改善しない多汗症は医療機関で治療しましょう

多汗症は、精神的なストレスや食習慣などが原因で症状が悪化することがあります。また、病気などが原因で多汗症が生じることもあります。生活習慣の見直しで症状が改善しない場合は医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

当クリニックでは、多汗症の治療としてボトックス注射やマシンによる治療をおこなっています。また、わきがと多汗症を同時に治療できる手術(長澤式イナバ法・切開剪除法)にも対応しております。「市販の制汗剤では汗を抑えきれない」「汗だけではなくニオイも気になる」という方は、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧