耳垢が湿っているとワキガなの?|銀座長澤クリニック

「耳垢が湿っている人はワキガ」という話は、インターネットなどのメディアでもよくみかけます。しかし、なぜ耳垢が湿っているとワキガとされるのか、そもそも本当に耳垢とワキガに関係があるのか、ということまでしっかり理解している方は少ないと思います。

そこで今回はまず、耳垢が湿る理由について解説し、耳垢とワキガの関係、そして耳垢の状態とワキガ臭の関係についても解説します。「ワキガという自覚はないけれど、耳垢が湿っているので不安を感じている」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

耳垢が湿るのはアポクリン汗腺の影響です

まず、耳垢が湿る原因について理解するためには、人の体にある2種類の「汗腺」について理解する必要があります。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります

汗腺とは、汗を分泌する器官のことです。そして汗腺には、異なる働きを持つ「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。

エクリン汗腺の特徴

エクリン汗腺は、主に体温調節の役割を担う汗腺です。全身のいたるところに存在しますが、爪で覆われている部分や唇、耳穴などには存在しません。分泌される汗の成分は99%が水分で、とてもサラッとしています。また、分泌直後の汗はほとんどニオイがありません。

エクリン汗腺から分泌された汗を放置すると、汗が皮膚にある垢や皮脂などと混ざり、細菌に分解されてニオイを発するようになります。このときのニオイは「酸っぱいニオイ」「雑巾のようなニオイ」などと表現されることが多いです。

アポクリン汗腺の特徴

アポクリン汗腺は、わきの下や陰部、乳輪、耳穴など限られた部分のみにあります。分泌される汗はネバネバとした乳白色で、たんぱく質・脂肪・アンモニア・鉄などを含んでいます。こちらも、分泌直後はほとんどニオイがありません。

しかし、アポクリン汗腺から分泌された汗は、皮膚にいる細菌によって分解されると独特のニオイを発します。このときのニオイは、「酸っぱいニオイ」のほか、「カレースパイスのようなニオイ」などとも表現され、人それぞれニオイの特徴が異なります。

なお、アポクリン汗腺から分泌される汗は、もともとフェロモンの役割を果たしていたといわれています。実際、思春期頃になると性ホルモンの影響を受けて、わきの下などのアポクリン汗腺から分泌される汗の量が増加します。

耳垢のタイプはアポクリン汗腺の数で決まります

耳穴にはエクリン汗腺がなく、アポクリン汗腺のみがあります。そして、耳垢の湿り気具合は、アポクリン汗腺の量によって決まるといわれています。つまり、アポクリン汗腺の量が少ない人の耳垢はカサカサと乾燥しており、多い人の耳垢は常に湿っているのです。

また、アポクリン汗腺の数は、大人になってから増えたり減ったりすることはありません。そのため、耳垢の性質が途中で変わることはありません。

なお、耳垢の湿り具合は人種によって大きく異なり、白人は90%以上、黒人は99%以上が耳垢が湿っているといわれています。しかし、アジア人は耳垢が湿っている人の割合が低く、中国人・韓国人は4~7%、日本人は10%~20%程度といわれています。

耳垢が溶けたキャラメル状の人はワキガの可能性があります

耳垢を湿らせる原因であるアポクリン汗腺は、ワキガの原因でもあります。そのため、耳垢のタイプとワキガには深い関係があるとされています。

耳垢を湿らせるアポクリン汗腺はワキガの原因です

わきのアポクリン汗腺から分泌された汗は、皮膚にいる細菌によって分解されると特徴的なニオイを発します。これがわきのニオイの原因で、ニオイが強い場合は「ワキガ」と診断されます。

ワキガの人はアポクリン汗腺が大きく発達し、数が多いといわれています。そして、わきのアポクリン汗腺の数と耳のアポクリン汗腺の数には相関があるため、耳垢が湿っている人は、ワキガの可能性が高くなります。

なお、耳のアポクリン汗腺から分泌された汗や耳垢が、ワキガのように強いニオイを放つことは通常ありません。耳や耳からの分泌物がにおう場合は、外耳道(耳の穴の入り口から鼓膜にいたるまでの部分)に炎症や湿疹、感染症などがあったり、中耳炎などが生じたりしている可能性があります。このような場合は、速やかに耳鼻科を受診しましょう。

耳垢が溶けたキャラメル状になっている人は要注意

耳垢の湿り具合には個人差があり、耳垢が少しだけ湿っていて黄色っぽくなっている人もいれば、耳垢の粘度が高く色が濃い人もいます。とくに、耳垢がどろどろに溶けたキャラメルのようになっている人は、ワキガの可能性が高いといわれています。

ただし、耳垢が湿っている人すべてがワキガというわけではありません。前述のように、日本人では10~20%の人で耳垢が湿っているとされていますが、ワキガの人の割合はこの数字より少なめです。そして一般的には、耳垢が湿っている人の約8割がワキガで、残りの2割の人はワキガではないといわれています。

しかし、残りの2割の人はワキガではないものの、ワキガを発症しやすい「ワキガ体質」である可能性は否定できません。ワキガ体質の人は、ストレスや肉・脂肪の多い食生活などの影響で、急にワキガ臭が気になることもあります。注意しましょう。

耳垢の状態がワキガ臭の強さとも関係

次は、耳垢の状態とワキガ臭の強さについて、男女別に解説します。

男性の耳垢とワキガ臭の強さの関係

男性は耳垢の状態とワキガ臭の強さに相関がみられ、耳垢の粘度が高く溶けたキャラメル状になっている人は、耳垢が少し湿っていて黄色いだけの人に比べてワキガのニオイが強い傾向があります。

そのため、耳垢の状態を調べれば、「ワキガかどうか」「ワキガのニオイが強いかどうか」をある程度予測できるとされています。

女性の耳垢はワキガ臭の強さとはあまり関係ない

女性も男性と同じように、耳垢の粘度が高い人のほうが、ワキガ臭が強い傾向はありますが、男性ほど強い相関はありません。つまり、耳垢が湿っていてもワキガとは限らず、耳垢の粘度が高くてもワキガのニオイが強いとは限らないのです。

このようなことから、女性については耳垢の状態からワキガの症状を推測することは難しいとされています。

「耳垢が湿っている=ワキガ」ではありませんが、ワキガの可能性は高いです

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、わきの下だけではなく耳穴にも存在します。耳垢の状態はアポクリン汗腺の数に影響を受けるので、耳垢が湿っている人はワキガの可能性が高くなります。しかし、耳垢が湿っている人のうち、ワキガを発症するのは8割程度といわれています。また女性の場合、耳垢の状態とワキガ臭のレベルに強い相関はみられません。耳垢が湿っていても、気にしすぎないようにしましょう。

しかし、耳垢が湿っていると「ひょっとして、ワキガ?」と心配になってくるものです。そのような場合は、医療機関を受診して客観的に判断してもらいましょう。

もし、ワキガであっても、当クリニックであればさまざまな治療で対応することができます。アポクリン汗腺を完全に除去する手術のほか、切らずに医療機器などでアポクリン汗腺を熱破壊する方法もありますので、耳垢の状態やわきの下のニオイに不安を感じたら、気軽にご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧