これは脇汗?それともワキガ?ニオイと汗を同時に治療する方法を紹介

脇の汗やニオイが気になると「もしかしてワキガ?」と心配になりがちですが、脇汗とワキガは別物で、脇汗が多くてもワキガとは限りません。しかしながら、脇汗もワキガもわきの下にある「汗腺」と深い関係があり、きちんとケアしなければどちらもニオイの原因となります。

もっとも、脇汗やワキガの原因となる2種類の汗腺はとても近い位置にあるため、脇汗とワキガは同時に治療することが可能です。

そこで今回は、脇汗とワキガの違いに迫り、ニオイと汗を同時に抑えられるおすすめの治療法を紹介します。

脇汗は「汗」、ワキガは「体臭」で、まったくの別物

まずは、混同しがちな「脇汗」と「ワキガ」の違いを理解しておきましょう。端的にいうと、「脇汗=汗」で「ワキガ=体臭」です。どちらもわきの下にある汗腺に由来するものですが、その特徴はまったく異なります。

脇汗をかかない人はいない

脇汗は、その名のとおり「脇からでる汗」です。ニオイや量は関係ありません。脇からでる汗は、すべて「脇汗」です。

脇汗は、気温が高いときや体温が高くなったとき、緊張したとき、辛い物を食べたときなどにでてきます。下着だけではなく着衣までぬれてしまうほどの大量の脇汗をかく人もいますが、それは「ワキガ」ではなく、単なる汗かきです。

しかし、生活に支障が生じるほど汗がでる場合は、単なる汗かきではすまされません。症状によっては、「多汗症」と診断されることがあります。

多汗症に関係するのは、「エクリン汗腺」と呼ばれる汗腺です。エクリン汗腺は、わきの下だけではなく体のあらゆるところに存在する汗腺で、おもに体の体温を調節する働きを担っています。

ワキガは体臭の一種

ワキガは汗ではありません。汗が原因で生じる体臭の一種です。ワキガのニオイは、わきの下にあるアポクリン汗腺という汗腺から分泌された汗が、皮膚に存在する細菌によって分解されるために生じます。

アポクリン汗腺は特別なものではなく、だれにでもあるものです。しかし、その数は生まれたときから決まっていて、大人になってから増えたり減ったりすることはありません。そしてワキガ体質の人は、アポクリン汗腺が大きく活動的で、数が多いといわれています。

もっとも、日本人でワキガの人はあまり多くありません。黒人がほぼ100%、欧米人は70~90%がワキガといわれていますが、日本人はニオイが軽いケースを含めてもわずか10~15%程度に留まります。諸外国に比べて日本ではワキガを気にする人が多いといわれていますが、それはワキガの人がごく少数派であることも理由の一つでしょう。

なお、アポクリン汗腺があるのはわきの下だけではありません。陰部や乳輪、耳穴などにも多く存在します。

汗からニオイが発生するメカニズム

脇汗とワキガは別物で、汗は本来無臭です。しかし、脇汗も放置するとニオイの原因となります。ここからは、脇汗の性質とニオイの特徴について詳しく見ていきましょう。

脇汗とワキガのニオイの違い

エクリン汗腺から分泌される汗も、アポクリン汗腺から分泌される汗も、でてきた直後はほとんどニオイがありません。

特にエクリン汗腺は成分の99%以上が水分で、ほぼ無臭です。しかし、分泌された汗をふき取らずに長時間放置すると、酸っぱいニオイや雑巾のようなニオイを放つようになります。これは、汗が皮膚の表面にある垢や皮脂と混ざって細菌に分解された結果、ニオイの原因物質が生成されるためです。

一方、アポクリン汗腺から分泌される汗は、汗自体にたんぱく質や脂肪、アンモニア、鉄などを含んでいるのが特徴です。これが皮膚の表面にいる細菌に分解されると、ワキガ特有の強いニオイを発します。

なお、ワキガのニオイは普通の脇汗と同じように「酸っぱいニオイ」の場合もありますが、硫黄や鉛筆の芯のような不快なニオイである場合も少なくありません。

脇汗とワキガが混ざると、強いニオイが発生する

脇汗はもともとニオイがほとんどないため、放置せずすぐにふき取ればニオイを抑えられます。

一方、ワキガも早めにケアすればニオイはほとんど広がりません。なぜなら、ワキガのニオイのもととなる物質は揮発性が低く、汗をかいていない状態であれば、特に対処しなくてもほとんど空気中に放出されないからです。

では、なぜワキガのニオイは広がってしまうのでしょうか。

それは、揮発性の高い脇汗に希釈されたワキガのニオイ物質が体温で温められ、空気中に拡散してしまうからなのです。

つまり、汗をかいたあとすぐにふき取らず長時間放置すると、脇汗とワキガのニオイが混ざり、より強いニオイを発することになります。

脇汗とワキガが混同されやすいのは、汗でニオイが拡散されやすいことが原因の一つかもしれません。

脇汗とワキガは同時に治療可能

次に、脇汗とワキガを同時に抑えられる治療法を紹介します。手術で汗腺を取り除く方法だけではなく、注射やマシンなど体に負担がかかりにくい治療もありますので、ダウンタイムが気になる方はぜひ参考にしてください。

手術で2種類の汗腺を取り除く方法

ワキガの手術では、アポクリン汗腺を取り除く際に近くにあるエクリン汗腺も一緒に取り除くことができます。ただし、術式により効果が若干異なるため注意が必要です。

多汗よりワキガが気になる場合は、剪除法(せんじょほう)

剪除法では、わきの下を4~5cmほど切開し、皮膚を裏返してアポクリン汗腺の位置を目で確認しながら、医療用のハサミでていねいに取り除きます。このとき、エクリン汗腺の除去も一緒に行ないます。わき毛のもととなる細胞も同時に取り除かれるため、永久脱毛効果が得られるでしょう。

しかし、エクリン汗腺の除去効果は30~50%程度とされているため、脇汗を完全に抑えることはできません。したがって、剪除法は「脇汗の量はそれほど気にならないけれど、ワキガのニオイをなんとかしたい」という方にすすめられる治療法といえます。

脇汗・ワキガどちらも気になる場合は、イナバ法

イナバ法は、わきの下を2~3cmほど切開して、シェーバーのような特殊な医療機器で皮膚の内側を削り取る治療方法です。イナバ法では、アポクリン汗腺やエクリン汗腺がある真皮層と皮下組織を均一に薄く削り取るため、両方の汗腺を同時に除去することが可能です。さらに永久脱毛効果も得られます。

イナバ法は、ワキガのニオイだけではなく脇汗もしっかり抑えられるため、「脇汗もワキガも両方治療したい」という方におすすめです。

切らずに治療する方法

手術では物理的に汗腺を取り除きますが、メスを使って皮膚を切開するためダウンタイムが避けられません。活動量の多い中高生や子育て中の方、忙しくて休みを取るのが難しい方には、ボツリヌストキシン注射やマシンによる治療をおすすめします。

効果の持続は約6ヵ月!ボツリヌストキシン注射

シワの改善目的で使われるボツリヌストキシン注射は、ワキガや多汗症の治療にも有効です。

ボツリヌストキシンをわきの下の皮下に注射すると、エクリン汗腺のまわりの筋組織に作用して汗の分泌を強く抑制します。ただし、アポクリン汗腺への影響は基本的にありません。汗を減らして、ニオイの原因物質が空気中に拡散することを防ぎます。

なお、治療時間は両脇で10分程度、ダウンタイムはほとんどありません。治療後の通院も不要です。注射の2~3日後から効果があらわれ始め、6ヵ月ほど効果が持続します。

春から夏の汗やニオイが気になる時期だけ症状を抑えたい方、結婚式など大切なイベントに合わせて一時的に症状を改善したい方におすすめです。

皮膚ダメージの少ないワキガ治療を望むなら、ビューホットがおすすめ

「手術はイヤだけれど、治療に何度も通いたくない」という方もいるでしょう。そのような方には、高周波を使って汗腺を破壊するマシン「ビューホット」がおすすめです。

ビューホットは、わきの下の皮膚に先端の丸い細い針を差し込み、針の先端から高周波を照射してアポクリン汗腺やエクリン汗腺を熱破壊します。汗とニオイの症状を改善しますが、特にアポクリン汗腺の層に大きなダメージを与えるため、ワキガに悩む方におすすめです。ただし、破壊するのは汗腺のみで、わき毛のもととなる細胞には影響が少ないため、永久脱毛効果はありません。

ビューホットは手術に比べて施術時間が短く、両脇で20分程度です。ダウンタイムがほとんどなく、治療後に再受診する必要もないため、施術を希望する人が増えています。

多汗症に悩む方にはミラドライがおすすめ

「ニオイよりも汗の量が悩み」という方におすすめなのが、電磁波(マイクロ波)で汗腺を熱破壊するマシン「ミラドライ」です。

ミラドライは、わきの下に専用の機器をあて、電磁波を照射して汗腺を熱破壊しますが、多汗の原因であるエクリン汗腺の層に特に大きなダメージを与えます。なお、ミラドライにも永久脱毛効果はありません。

ミラドライも施術時間が比較的短く、両脇で20分程度です。ダウンタイムはほとんどなく、治療後に通院する必要もありません。ただし、ビューホットのほうが皮膚ダメージが少ないといわれています。

マシンによる治療を希望する場合は、複数の選択肢からよりよい結果が期待できる方法を選べるように、事前にしっかりカウンセリングを受けるようにしましょう。

脇汗とワキガは別物ですが、同時に治療できます

脇汗は脇から分泌される汗で、ワキガは独特の強いニオイを発する体臭の一種です。両者はまったく別物でニオイも微妙に違いますが、いずれも汗腺と深い関わりがあります。そして、脇汗のおもな原因であるエクリン汗腺とワキガの原因であるアポクリン汗腺は、皮膚の下のごく近い場所に存在するため、手術やマシンで同時に除去・破壊が可能です。
脇汗やワキガを抑える手術は、美容整形のほか形成外科や皮膚科でも対応できるでしょう。しかし、マシンによる治療が受けられるのは、おもに美容整形クリニックです。もちろん、当クリニックでも施術を行なっています。「いろいろな治療方法を知りたい」「手術以外の方法で脇汗やワキガを抑えたい」など、選択肢の幅を広げたい場合は、ぜひ銀座長澤クリニックにご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧