多汗症の原因とは?セルフチェックや予防、治療の方法を解説

多汗症は大量に汗をかく症状のことですが、単なる汗かきとは異なります。ストレスや食事などが原因で症状があらわれる場合もありますが、病気が原因で多汗症になることもあるため、注意が必要です。
今回は、多汗症の原因のほか、汗が気になる方のためのセルフチェック項目、日常生活における多汗の予防や医療機関で受けられる治療などについて解説します。汗の量にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

多汗症は単なる「汗かき」ではない

「汗をかきやすい=多汗症」ではありません。多汗症とは、必要以上に大量の汗をかく病気です。
気温の高いときや運動をしたとき、緊張したときなど、自然な発汗はだれにでもあるものです。しかし、生活に支障が生じるほどの過剰な発汗がある場合は「多汗症」かもしれません。

重度の多汗症では、汗のしずくがしたたり落ちるほどの発汗がみられることもあります。手足の多汗症では、大量の汗で手足が冷えたり、あせもで皮がめくれて細菌による感染症を起こしたりする場合もあります。また、わきの多汗症では、衣類に大きな汗ジミができることも珍しくありません。

なお、日本人の場合、特に理由がないにもかかわらず体の一部に大量の汗をかく「原発性局所多汗症」の人は、おおむね17~20人に1人程度といわれています。

多汗症の原因:局所性多汗症の場合

手足やわきなど決まった部位のみに大量の汗をかくのは、「局所性多汗症」と呼ばれる症状です。局所性多汗症は、ストレスや食べ物、手術やケガなどが発汗量の増大に関係していることがあります。

・ストレスや不安など精神的な緊張

ストレスや不安など緊張が高まる場面で汗をかくのは自然なことですが、多汗症の人は手足やわきの下に大量の汗をかくことが少なくありません。精神的緊張を避けるのが一番ですが、リラックスする訓練などもおすすめです。

辛いまたは熱い食べ物による刺激

辛い食べ物・熱い食べ物が刺激となり、首や顔、頭などの多汗を助長することもあります。食べ物による過剰発汗を抑えたい場合は、辛いものは食べる量を減らし、熱いものはよく冷ましてから食べるなどの工夫をしましょう。

手術やケガなどによる神経障害

その他、脳梗塞や脊髄損傷などで発汗に関係する神経に障害が起こると、体の一部に大量の汗をかくことがあります。また、手汗を止める手術(胸部交感神経切除)を検討している方は、副作用で腰や尻、足などに大量の汗をかく場合があることも知っておいてください。

胸部交感神経切除は、一度行なってしまうともとに戻すことができません。手術を希望する場合は医師としっかり相談して、メリットだけではなくデメリットにも目を向けましょう。

多汗症の原因:全身性多汗症の場合

体中のあらゆる部分に多汗の症状がみられるのは、「全身性多汗症」と呼ばれる症状です。全身性多汗症は、ホルモンバランスの乱れや薬の副作用、病気などが原因で生じることがあります。

更年期などによるホルモンバランスの乱れ

女性の場合、よく知られているのは更年期にともなう多汗でしょう。生理や妊娠が原因で、多汗の症状があらわれることもあります。

ホルモンバランスの乱れによる多汗症は一時的なものが多いですが、症状が続く期間や程度は人それぞれです。ホルモンを補う治療や漢方薬などの服用で症状がやわらぐこともあるため、つらい場合は医師に相談しましょう。

薬の副作用

痛み止めや睡眠導入剤、向精神薬、ステロイドなどの副作用で、発汗量が増えることがあります。薬の服用を中止すれば発汗量は落ち着きますが、急に薬をやめると、もともとの病気の症状が悪化したり、体調が悪化したりするおそれがあるため、十分に注意が必要です。

多汗の原因として薬の副作用が疑われる場合は、まず医師に相談しましょう。治療の内容によっては、副作用の出にくい薬に変更してもらえるかもしれません。

病気

内分泌や代謝に関わる病気、循環器や中枢神経に関わる病気などが原因で、多汗症になることもあります。多汗症をまねきやすい病気は、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、悪性リンパ腫、褐色細胞腫、パーキンソン病などです。肥満や糖尿病が多汗症の原因になることもあります。

病気にともなう多汗症では、病気の治療によって多汗症が改善するため、病気の治療を優先してください。

多汗症の簡単セルフチェック

汗の量が人より多いと感じている場合や、汗に対する不安がある場合は、以下の項目をチェックしてみましょう。該当する項目がある場合は、多汗症の可能性があります。

  • 原因不明の発汗が半年以上続いている
  • 人と異なるタイミングで大量の汗をかく(暑くないとき、運動していないときなど)
  • 緊張やストレスを感じると、大量の汗が出る
  • 本を読んだりノートをとったりすると、手汗で紙が濡れる
  • 衣類のわきの下に、大きな汗じみができる
  • 一日に何度も着替える必要がある
  • 大量の発汗で日常生活に支障が出ている

上記の項目に当てはまり、汗をかくことに不安やストレスを感じている場合、特に日常生活に支障が生じている場合は、医療機関の受診をおすすめします。

多汗症の予防法と治療法

病気や薬の影響など、原因が明らかな「続発性多汗症」は、病気の治療や薬の変更などで症状の改善が可能です。一方、原因が明らかでない「原発性多汗症」は、生活上の工夫である程度症状を抑えられます。

ここからは、多汗症の症状をやわらげる方法と、医療機関で受けられる治療を見ていきましょう。

多汗症の予防方法:交感神経を鎮めてリラックスする

汗は、交感神経が優位になると分泌量が多くなります。そのため、多汗症の予防には交感神経を鎮めて、リラックスすることが重要です。

まず、辛いものや酸っぱいものは交感神経を刺激するため、できるだけ避けるようにしましょう。カフェインを含むコーヒーや紅茶なども交感神経を優位にするため、避けたほうが無難です。どうしても摂取したい場合は、量を減らすことを心がけてください。

規則正しい生活を送り、睡眠を十分にとることも、心と体をリラックスさせることにつながります。アルコールの過剰摂取や喫煙を避けることも、多汗症の予防には有効です。ゆっくり入浴する、適度な運動をするなどして、ストレスを解消する時間を設けるのもよいでしょう。

ただし、多汗症の原因が病気や薬などにある場合は、交感神経を鎮めても症状は抑えられません。生活習慣を見直しても多汗の症状が改善しない場合は、医療機関を受診してください。

多汗症の治療方法:皮膚科などで受けられる治療

原因が明らかでない原発性多汗症であっても、医療機関を受診すれば症状を抑える治療が受けられます。ただし、症状によっては治療が行なえない場合があるほか、副作用が強くあらわれる場合もあるため、注意が必要です。

・飲み薬・塗り薬による治療

皮膚科などでは、発汗を抑える飲み薬や、汗腺を塞いで汗の分泌をコントロールする薬などが処方されることがあります。もっとも、これらはあくまで症状を改善するのみで、完治を目指すことはできません。

・イオントフォレーシスによる治療

手足の多汗症には、「イオントフォレーシス」と呼ばれる治療が行なわれることもあります。イオントフォレーシスは、手足を水に浸してごく弱い電流を流す治療です。

ただし、この治療はわきの下の多汗症には使えません。また、効果を維持するためには、週1~2回の治療を継続する必要があります。

・交感神経を遮断する治療

先にも少し触れましたが、手汗には胸部交感神経切除が有効です。手汗の抑制効果はほぼ100%ですが、術後に胸や背中、お尻などから大量に汗をかくようになることがあります。発汗量があまりに多いと日常生活に支障をきたすこともあるため、手術を希望する場合は納得いくまで医師と相談するべきでしょう。

多汗症の治療方法:美容整形で受けられる治療

美容整形では、皮膚科とは異なったアプローチで多汗症を改善します。選択肢を広げたい場合は、美容整形での治療も視野に入れましょう。

・ボツリヌストキシン注射

「シワ取り」として使われることが多いボツリヌストキシンを、わきや手のひら、足の裏、額、頭皮など汗の気になる部分に注射する治療法です。

ボツリヌストキシンには、汗腺の働きを弱めて発汗を強く抑制する作用があります。発汗抑制作用は注射から2~3日であらわれ始め、効果が実感できる期間は6ヵ月程度。ダウンタイムはほとんどなく、施術当日から普段の生活に戻れます。

ダウンタイムが気になる方はもちろんのこと、「汗の気になる季節だけ症状を抑えたい」「大切なイベントで不快な思いをしたくない」という方におすすめです。

・マシンによる治療

長期的な効果を望む方は、マシンで汗腺を焼灼・破壊する治療も選択肢として考えてみてください。

多汗だけではなくワキガにも悩まされている方には、高周波で汗腺を破壊する「ビューホット」での治療をおすすめします。

ビューホットは、多汗の原因であるエクリン汗腺だけでなくワキガの原因となるアポクリン汗腺にも直接作用し、皮膚ダメージを抑えながら汗腺を破壊します。ダメージを受けた汗腺は再生しないため、長期的な制汗効果とニオイ抑制効果が期待できます。

「ニオイよりも汗が心配」という方には、電磁波でエクリン汗腺のある層をしっかり破壊する「ミラドライ」がおすすめです。エクリン汗腺とアポクリン汗腺はとても近い位置にあるため、ミラドライの治療でもワキガの症状は軽減されます。

なお、ビューホットもミラドライも治療時間は両脇で20分程度、ダウンタイムはほとんどありません。照射したその日から日常生活に戻れるため、子育て中の方や中高生でも治療を受けられます。

多汗症は、原因を把握して適切な治療を!

汗はだれでもかくものですが、生活に支障が出るほどの汗をかく場合は「多汗症」の可能性が否定できません。病気が原因の多汗症もあるため、汗以外に気になる体の症状がある場合は、早めに医療機関を受診してください。

原因がわからない原発性多汗症であっても、症状によっては医療機関で治療できます。特に美容整形では、ダウンタイムがほとんどない治療や長期的な効果が期待できる治療も選択できるため、体への負担が少ない方法を探している方にはおすすめです。

当クリニックでは、多汗症と同時にワキガの治療をしたり、脱毛効果が得られる治療を行なったりすることもできます。症状に応じたよりよい治療を提案いたしますので、興味がある方はぜひ一度カウンセリングにお越しください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧