しみ・そばかすを防ぎたい!原因を知って正しい対処をしよう

しみ・そばかすの症状・原因や対策方法を専門医が紹介

顔や体にいつの間にかあらわれるしみや、ホホに点々と浮き出るそばかす。メイクなどである程度かくすことはできるものの、濃くなったり数が増えたりしてくると不安になるものです。

実は、しみとそばかすは医学的にみると別のものなのですが、共通点もたくさんあります。そこで今回は、しみ・そばかすが増える原因に焦点を当て、その対処方法をいくつか紹介します。

そもそも、しみ・そばかすとは?

しみとそばかすはよく似ていますが、厳密には違うものです。ここでは、両者の違いを解説します。

年齢とともに目立ってくる「しみ」

しみにはさまざまな種類がありますが、ここでは美容的に問題となることが多い「老人性色素斑(日光性色素斑)」と「肝斑」について解説します。

老人性色素斑(日光性色素斑)

しみの中でもっとも多いのは、「老人性色素斑(日光性色素斑)」とよばれるものです。老人性色素斑は顔や体にできる茶色の斑点で、数ミリ~数センチ程度の丸い形をしていることが多いです。紫外線にさらされやすいホホ骨の上・手の甲・腕・肩などによくみられます。

老人性色素斑は、40歳以降くらいから目立ち始めることが多いです。しかし、紫外線にさらされている期間が長ければ長いほどできやすくなるので、若いうちから紫外線ケアをする必要があります。また、紫外線に当たると濃くなったり増えたりします。

肝斑

肝斑もまた、しみに分類されることがあります。肝斑は、おでこやホホ、口のまわりなどに左右対称にあらわれるのが特徴です。肝斑は30歳代後半から40歳代の女性によくみられますが、女性ホルモンの影響で妊娠中にあらわれる場合もあります。肝斑は、紫外線で濃くなったり範囲が広がったりしますが、60歳以降になると色が薄くなったり消えたりすることもあります。

「そばかす」は年齢とともに目立たなくなるのが特徴

そばかすは、ホホや鼻などにできる3~5ミリ程度の細かい茶色の斑点です。幼児のころからあらわれ始め、思春期ごろまでは色が濃くなったり数が増えたりします。思春期以降は薄くなる場合もありますが、個人差が大きいです。

そばかすは紫外線の当たる場所に生じやすく、背中・手・腕・胸元にあらわれることもあります。紫外線を浴びる機会が多い春から夏にかけて色が濃くなり、秋から冬にかけては薄くなる傾向があります。

また、遺伝の影響も示唆されており、日本人では色白の人に多くみられるといわれています。

しみ・そばかすの原因はメラニン色素

しみ・そばかすの原因はメラニン色素

次は、しみ・そばかすの共通の原因である「メラニン色素」についてです。

メラニン色素は肌を守る働きを持つ色素

メラニン色素は、肌や髪の毛、瞳の色を作る色素です。メラニン色素の量が多いと、肌の色が濃くなります。そしてメラニン色素には、紫外線を吸収して肌を守る働きがあります。日に焼けると肌が黒くなるのは、紫外線を浴びた皮膚がメラニン色素で細胞を守ろうとするためです。

一方で、皮膚の細胞は約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返します。メラニン色素は表皮の一番下の部分にある細胞で産生されますが、約1カ月をかけて皮膚表面に押し上げられ、はがれ落ちていきます。

メラニンの過剰産生とターンオーバーの乱れが、しみ・そばかすに悪影響

ターンオーバーのサイクルが正常であれば、メラニン色素が作られても一定の期間で排出されます。しかし、何らかの原因でメラニン色素が過剰に産生され、ターンオーバーが正常に働かなくなると、メラニン色素が肌に蓄積・沈着し、しみやそばかすができやすくなります。

肌のターンオーバーを乱す要因の一つとして、紫外線があげられます。紫外線を長年浴び続けると肌はダメージを受けるため、肌の再生能力も低下します。結果としてメラニンの排出がとどこおり、しみ・そばかすができやすくなります。また、ストレスなどで血行が悪くなると、ターンオーバーのサイクルが長くなってメラニン色素の排出に時間がかかるようになります。

一方で、メラニン色素の過剰産生には、紫外線の他、喫煙などの生活習慣も関係しているといわれています。タバコやストレスは、老化の原因の一つとされる活性酸素を生み出します。そして活性酸素がメラニン色素を作り出す細胞を刺激すると、メラニン色素が過剰に産生されるため、しみ・そばかすができやすくなります。

その他、ホルモンバランスの乱れも肌の代謝に悪影響を与えることが知られています。

体の中と外からしみ・そばかす対策をしましょう

しみ・そばかす対策でもっとも大切なのは紫外線対策ですが、ちょっとしたケアをプラスすることで体の中からしみ・そばかすに強い肌を作ることができます。ここでは、日常生活で実践しやすいしみ・そばかす対策をいくつか紹介します。

大切なのは紫外線対策

やはり一番大切なのは、紫外線対策です。紫外線の量は季節や天候により多少の変動がありますが、対策は一年中必要です。室内にいても紫外線を避けることはできないので、油断しないようにしましょう。

紫外線対策としては、日焼け止め効果のあるクリームやコスメの利用が便利です。クリームやコスメは数時間おきに塗りなおし、効果が持続するように注意しましょう。日差しが強い季節は、日傘や帽子、UVカット加工の衣類を併用するのがおすすめです。

スキンケアも欠かさずに

肌の健康を維持し、正常なターンオーバーサイクルを維持することも大切です。

肌の角質や汚れは、クレンジングや洗顔でしっかり取り除きましょう。強くこすると肌をキズつけてしまうので、優しく、ていねいにケアしましょう。洗顔後は、肌が乾燥する前に保湿します。あわせてマッサージをおこない、血行を良くするのもおすすめです。

また、美白有効成分を含む化粧品の利用も有効です。美白有効成分は、メラニンの過剰な産生をおさえたり、メラニンの蓄積をおさえたりする効果が期待できます。

生活習慣の見直しも重要

日常生活の習慣を見直すことも、しみ・そばかす対策には必要です。

体の中から皮膚の新陳代謝をうながすために、皮膚や細胞の原料となるたんぱく質や、ビタミン、ミネラル類をバランスよく摂取するようにしましょう。また、L-システインやビタミンCなど、メラニン色素の産生や蓄積を防ぐ栄養素も積極的に摂るようにしましょう。食事から摂ることが難しい場合は、サプリメントなどの利用もおすすめです。

しっかり睡眠をとって規則正しい生活を送ること、ストレスをためないようにすることも肌の健康維持には欠かせません。そして、喫煙習慣のある人は禁煙を心がけ、肌へのダメージを減らすようにしましょう。

日常生活を見直して、しみ・そばかす対策をしましょう

しみ・そばかすは厳密にいうと別のものですが、紫外線や肌のターンオーバーの乱れが原因で悪化するという共通点があります。しみ・そばかすが気になったら生活習慣を見直して、体の中と外からケアしましょう。

当クリニックでは、フラッシュランプを照射する医療機器を用いた、しみ・そばかすや肝斑の治療に対応しております。健康な肌をキズつけず、光を照射した部分が濃いかさぶたになることもないので、治療直後にメイクをすることも可能です。しみ部分は徐々に薄くなりますので、「しみ取りしたことを知られたくない」「肌に刺激の少ないしみケアをしたい」という方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧