顔のほくろが増える原因はなに?危ないほくろの見分け方も教えます

顔のほくろが増える原因と、危険なほくろの見分け方を医師が解説

顔のほくろは、その人の印象や見た目年齢にも影響を与える重要な要素の一つです。体質的にほくろが多いという人もいますが、年齢とともに目立つほくろが増えてきた、と悩む方も少なくありません。

そこで今回は、顔のほくろが増える原因に焦点を絞り、ほくろが増えやすい人の特徴に迫ります。ほくろを増やさないようにするケア方法や、医療機関を受診すべき危険なほくろについても解説しますので、気になるほくろがある方はぜひ参考にしてください。

顔のほくろが増える原因は紫外線やストレス

ほくろは、メラノサイト(メラニンを産生する細胞)やメラニンが、皮膚の一部分に集中することでできるものです。体質的にほくろが多い人もいますが、紫外線やストレスなどで増えることもあります。

紫外線の影響

ほくろができる一番の原因は、紫外線だといわれています。

紫外線を浴びるとメラノサイトが刺激され、メラニンが産生されます。このメラニンの量が非常に多かったり、産生されたメラニンの排出が十分におこなわれなかったりすると、ほくろになることがあります。

また、過去に浴びた紫外線の影響が何年も経ってからあらわれることもあるので、年齢とともにほくろが増えることもあります。

特に顔は、一年を通して紫外線にさらされやすい部分なので、体の中ではほくろのできやすい部位といえます。

ターンオーバーの乱れ

紫外線を浴びてメラニンがつくられても、通常であれば肌のターンオーバーによって排出されます。しかし、加齢などによりターンオーバー周期が乱れるとメラニンが十分に排出されず、ほくろとしてあらわれることがあります。

また女性の場合、妊娠や出産などホルモンバランスが大きく変化する時期にはターンオーバーの周期も乱れがちになるため、ほくろができやすくなることもあります。

ストレス

睡眠不足や精神的・肉体的ストレス、食生活の乱れなどがあると、ホルモンバランスが崩れて肌のターンオーバーに悪影響が生じることがあります。そうして、メラニンの排出が滞ることによって、ほくろができやすくなります。

摩擦などの刺激

衣類による摩擦やメイク前後のケアなどが原因で、ほくろができやすくなることもあります。

下着や靴、服などで体の同じような場所が圧迫されたりこすれたりする場合には、その部分にメラニンが集中してシミやほくろができやすくなります。顔の場合は、マスクや眼鏡による刺激がリスクになることがあります。

また、洗顔やクレンジング、メイク前のスキンケアなどで肌を強くこすると、メラノサイトが刺激されてメラニンが産生されやすくなります。そして、肌荒れや乾燥が原因でターンオーバーが乱れ、ほくろのできやすい状態になることもあります。

体質

ほくろに遺伝性はないとされていますが、生まれつきほくろが多い人もいますし、体質的にほくろができやすい人もいます。

また、日本人はほくろやシミのできやすい人が多く、特に色白の人はほくろが目立つため「ほくろが多い」、「ほくろが増えやすい」と思い込んでしまうこともあるようです。

顔のほくろが増えやすいのはこんな人

顔のほくろが増えやすいのはこんな人

次は、顔のほくろが増えやすい人の特徴と、増えないようにするためのケア方法などについて解説します。

紫外線を浴びる機会が多い人

紫外線を浴びる機会が多い人は、ほくろだけではなくシミなども増えやすいです。過去に紫外線ケアをあまりしていなかった人は、年齢を重ねてからほくろが増えることもあります。できるだけリスクを減らすために、積極的に紫外線対策をするようにしましょう。

外出の際には日焼け止めクリームを活用し、できれば2~3時間ごとにこまめに塗り直すのがおすすめです。塗り直しができない場合は、紫外線予防効果のあるパウダーファンデーションなどを重ね塗りすると、効果が維持しやすくなります。

なお、日常生活で使う日焼け止めはSPF15~30、PA++程度の紫外線予防効果があれば十分です。

スキンケアが乱暴な人

スキンケアをするときに肌を強くこすったり、強い力でマッサージしたりする人は、ほくろができやすくなります。

クレンジングはメイク落ちのよいものを選び、洗顔はフォームをよく泡立ててからなでるようにすると、肌への摩擦を抑えることができます。洗顔後は顔にシャワーを直接当てるのではなく、ぬるま湯で何度も優しく洗い流すようにしましょう。

顔をマッサージする際には、すべりをよくするためにクリームなどを活用しましょう。また、ローラーなどを使う場合には、力を入れすぎないように注意することも大切です。

ストレスが多い人

日常生活でストレスが多いと、ホルモンバランスが乱れてほくろができやすくなります。できるだけストレスを減らすのが理想ですが、難しい場合は規則正しい生活を送るように努力しましょう。軽い運動や趣味の時間をつくることも、ストレス解消につながります。

規則正しい生活で睡眠時間を確保すれば、心身の不調が落ち着きやすくなります。ホルモンバランスも徐々に整ってくるので、生理不順なども起きにくくなります。また、ストレスを解消してホルモンバランスが整えば、ほくろができにくくなるだけではなく、肝斑などの解消にもつながるでしょう。

食生活が乱れている人

食生活が乱れていると、肌のターンオーバーサイクルが乱れ、ほくろができやすくなります。

外食で好きなものばかり食べている人はもちろん、自炊をしていても好き嫌いが多く栄養バランスに偏りがある人は要注意です。

肌のターンオーバーを整えるために必要な栄養素は、

  • ビタミンB群(皮膚の健康を維持してターンオーバーのリズムを整える)
  • ビタミンC(紫外線などから肌を守り、コラーゲンの生成をうながす)
  • タンパク質(肌の細胞やコラーゲンのもとになる)
  • 亜鉛(細胞の分裂や再生に必要)

などです。

ビタミンB群やビタミンCは、余分に摂取しても体外に排出されやすいので、こまめにとる必要があります。ビタミンB群は豚肉や牛肉などに、ビタミンCは果物や野菜などに多く含まれます。亜鉛は、牡蠣や牛肉などに含まれています。

こんなほくろは要注意!すぐに医療機関を受診して

ほくろのほとんどは、そのままにしておいても問題のない良性のものですが、なかには悪性のものもあります。そこで、悪性の可能性が高いほくろ(メラノーマ:悪性黒色腫)の一般的な特徴を解説します。

注意が必要なほくろはこんなほくろ

悪性が疑われるほくろには、以下のような特徴があります。

  • 円や楕円ではなく、いびつな形をしている。
  • 短期間で急激に大きくなった。
  • 出血したり、かさぶたになったりしている。
  • ほくろの色がまだらになっている。
  • 境界がはっきりしない部分がある。

特に、大きさが7mm以上の場合は、医療機関で診てもらうことをおすすめします。

変化に気がついたら医療機関で診察を

メラノーマは、発見が遅れるとリンパ節や臓器などに転移することがあります。リンパ節に転移した場合の5年後の生存率は40%、臓器に転移した場合の5年後の生存率は数%と非常に低くなります。

一方、ごく初期に発見して取り除けば、5年後の生存率はほぼ100%です。

メラノーマは、顔だけではなく、足の裏や手のひら、爪や指などにもできることがあります。その他、胸やおなか、背中など体の中心部や、手足の付け根に近い部分にもできやすいことが知られています。

気になるほくろがある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

ほくろの大敵は紫外線とストレス!気になるほくろは医療機関で診てもらいましょう

ほくろは、体質だけではなく、紫外線やターンオーバー周期の乱れ、そして日常生活のストレスなどが原因で増えることがあります。ほくろを増やさないためには紫外線対策も大切ですが、規則正しい生活を心がけること、スキンケアの方法を見直すこと、食生活を改善することなども忘れないようにしましょう。また、気になるほくろがある場合は早めに医療機関を受診し、治療の要否を判断してもらいましょう。

当クリニックでは、皮膚を深くえぐるレーザーはあえて使用せず、電気メスによる高周波焼灼法(こうしゅうはしょうしゃくほう)や、ほくろが再発しにくいとされる切開法で、ほくろを丁寧に除去します。一つから除去が可能で、施術時間も数分程度なので、子育てや仕事で忙しいけれど気になるほくろがある方、レーザー治療に抵抗がある方は、ぜひ当クリニックでの施術をご検討ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧