眼瞼下垂には眉下切開リフトがおすすめ!期待できる効果や注意点を全解説

「以前に比べてまぶたが下がってきた気がする……」「視界が狭くなった気がする……」

それは、上まぶたが垂れ下がる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」が原因かもしれません。

眼瞼下垂は、見た目だけではなく体にも悪影響を与えることがあるため、症状が重い場合は手術が必要になる場合もあります。手術の手法はいくつかありますが、なかでも「眉下切開リフト」はほかの治療に比べてダウンタイムが短く、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

今回は、眼瞼下垂の原因と弊害、そして眉下切開リフトで期待できる効果と施術前に知っておきたい注意点を解説します。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

まずは、眼瞼下垂の症状と原因を理解しておきましょう。

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がった状態のこと

「眼瞼下垂」とは、簡単にいえば上まぶたが垂れ下がった状態のことです。目を開いたとき、上まぶたの縁で黒目の上のほうが少し隠れてしまう場合は、眼瞼下垂を疑ってもよいでしょう。

眼瞼下垂になると、まぶたが重くかぶさった状態になるため、年齢より老けて見えたり眠そうに見えたりすることがあります。

また、まぶたで視界が遮られるため、物が見づらくなったり、上方の視野が狭くなったりするケースも稀ではありません。視野を確保するために、無意識のうちに首をうしろに傾けている方は、頭痛や肩こりに悩まされることもあります。

さらに、目のまわりの筋肉ではなく、額の筋肉を使ってまぶたを無理に引き上げようとするため、おでこに表情しわができてしまう場合も。

このように、眼瞼下垂は見た目の美しさだけでなく、体にも悪影響をおよぼすのです。

眼瞼下垂が生じるおもな原因

眼瞼下垂にはさまざまなタイプがありますが、加齢や生活習慣により生じる後天的な眼瞼下垂は、「皮膚のたるみ」や「筋肉の衰え」がおもな原因だといわれています。

・皮膚と脂肪が過剰になっている

まぶたの皮膚が大きくたるむと、しっかりと目を開いても皮膚が垂れ下がって視野を遮り、見づらさやまぶたの重さを感じやすくなります。これは、脂肪の重みでまぶたが垂れ下がる場合も同じです。

特に、二重のラインが以前より狭くなっている方や、まつ毛の根元に皮膚が覆いかぶさっている方は要注意です。余分な皮膚や脂肪で、眼瞼下垂になっているおそれがあります。

最近は、つけまつ毛やまつ毛エクステ、二重のりといった美容アイテムの影響で若い方にも眼瞼下垂が増えているようです。美容アイテムがまぶたの皮膚に過大な負担を与える場合もあるため、使用は最小限に抑えましょう。

・まぶたを引き上げる筋肉の力が弱い

まぶたを引き上げる筋肉の力が弱い場合や、靱帯にゆるみが生じている場合にも、眼瞼下垂をおこしやすくなります。

筋肉の衰えや靱帯のゆるみは年齢とともに少しずつ進行するものですが、最近は比較的若い年齢であるにもかかわらず、まぶたを引き上げる力が弱くなってしまう方も少なくありません。これは、コンタクトレンズの普及が影響していると考えられます。

特によくないとされるのが、ハードコンタクトレンズです。ハードコンタクトレンズを長期間使用すると、まばたきの際にくり返し生じる摩擦で靱帯が傷んでしまうため、眼瞼下垂をまねきやすくなることが指摘されています。

眼瞼下垂には眉下切開リフトがおすすめ

眼瞼下垂の原因が皮膚のたるみにある場合、「眉下切開リフト」で症状の改善が期待できます。ここでは、眉下切開リフトの施術内容と効果について解説します。

眉下切開リフトは、余分な皮膚を切除・除去する施術

眉下切開リフトは、眉の下辺に沿って皮膚を切開し、余分な皮膚を取り除く施術です。

眉下は皮膚の構造上傷が残りにくく、腫れもあまり生じません。そのため、眉下切開リフトは上まぶたを切開するほかの施術に比べてダウンタイムが短く、目元の印象も大きく変わらないのが特徴です。

切除する皮膚の量、幅、範囲は、たるみの度合いによって変わります。この「デザイン」が仕上がりに影響を与えるため、カウンセリングでは「どのような目元にしたいか」を施術医にしっかり伝えるようにしましょう。

また、眉下を切開する際に、必要であれば目のまわりの筋肉(眼輪筋:がんりんきん)を処置したり、脂肪を除去したりすることも可能です。筋肉や脂肪を適切に処置すれば目が開けやすくなり、よりスッキリした目元を目指せます。

眉下切開リフトの効果

眉下切開リフトを受けると、まぶたのかぶさりが改善されるため、目元がスッキリとした印象になります。もちろん、重みも感じなくなるためまぶたの開閉もスムーズになります。さらにしっかり目が開くようになり、視野も確保できます。

その一方で、目元の印象は大きく変わりません。余分な皮膚を取り除き、たるみを引き上げて縫合する施術なので、二重瞼の方は二重がはっきり見えるようになり、一重まぶたの方は目元が明るくなります。

また、先にも述べましたが、眉下切開リフトはダウンタイムが短く、傷が目立ちにくいのが大きな特徴です。施術当日から洗顔もメイクも可能で、縫合部分を濡らさなければ洗髪もできます。

抜糸までは眉下に糸が付きますが、肌色の保護テープを貼り伊達メガネをかければあまり目立ちません。また、縫合跡は細いラインとなってしばらく残りますが、コンシーラーやファンデーションでカモフラージュできます。このように「傷が目立ちにくく、隠しやすい」という点も、眉下切開リフトの大きなメリットといえるでしょう。

なお、実際の手術の様子やダウンタイム中のまぶたの変化は、銀座長澤クリニック公式YouTubeで公開中です。興味のある方は、そちらも併せてご覧ください。

眉下切開リフトの注意点

最後に、眉下切開リフトを受ける際の注意点を紹介します。

眉下切開リフトだけでは症状の改善が難しいケースもある

眉下切開リフトは、皮膚のたるみが主原因となっている眼瞼下垂には高い効果が期待できますが、筋肉のゆるみが著しいケースでは症状の改善が難しい場合もあります。

眉下切開リフトで症状の改善が期待できない場合は、カウンセリング時によりよい施術が提案されることもありますので、あらかじめご承知おきください。

1週間程度のダウンタイムがある

ダウンタイムは短めですが、手術後2~3日は赤みや腫れが目立ち、抜糸までには1週間ほどかかります。

もっとも、手術から数日たてば赤み・腫れはかなり引くため、伊達メガネをかければほとんど目立ちません。傷跡もコンシーラーなどで隠せるため、あまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。

完全に左右対称に仕上げるのは難しい

お顔の施術の場合、完全な左右対称に仕上げるのは難しいのが現実です。眉下切開リフトでも、仕上がりに多少の左右差が生じる可能性はあります。

しかしながら、顔が完全に左右対称の人はほとんどいません。また、眉下切開リフトを受けたとしても、極端に左右の目元の印象が変わることはないため、過度の心配はご無用です。

仕上がりについてはカウンセリング時にきちんと施術医と話し合い、ゴールを共有するようにしましょう。

眼瞼下垂による眉下切開リフトは、当クリニックにご相談ください

眼瞼下垂は、目元の印象が重くなるだけではなく、肩こりや頭痛の原因にもなります。「まぶたが重い」「視野が狭い」「二重の幅が狭くなった」といった症状が気になる場合は、早めに治療を検討しましょう。

眼瞼下垂の治療はいくつか選択肢がありますが、まぶたの皮膚が大きくたるんでいる場合は眉下切開リフトがおすすめです。当院では眉下を切開した際、症状に応じて脂肪の除去や眼輪筋の処置も行なっております。眼瞼下垂にお悩みの方は、お気軽に当院へご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧