眉下リフトとは?施術の特徴や手術の流れ、ダウンタイムについて解説

加齢にともない、まぶたなどの皮膚がたるんでくるのは避けられないものです。最近は、一重まぶたを二重にするコスメ(アイプチなど)の使い過ぎでまぶたのたるみに悩む若い方も増えてきています。また、スマートフォンやパソコンで目を酷使する方、花粉症などで目をこすってしまう頻度が高い方なども、上まぶたのたるみに悩まされていることが多いようです。

年齢を問わず私たちを悩ませるまぶたのたるみ。それを解消する方法の一つが「眉下リフト(眉下切開リフト)」です。

眉下リフトでは、眉のすぐ下部分の皮膚を切除・縫合してたるみを改善します。腫れが少なく傷も目立ちにくいため、施術を受けたことが周囲の人たちに知られることはほとんどありません。

今回は、眉下リフトの概要から手術の流れ、そして眉下リフトと同時に受けられるおすすめの施術を紹介します。

眉下リフトとは?

人, 屋内, テーブル, 女性 が含まれている画像

自動的に生成された説明

まずは、眉下リフトの概要と効果、そしてどのような方におすすめなのかを見ていきましょう。

眉下リフトとは、まぶたの余分な皮膚を取り除くたるみ治療

眉下リフトとは、眉下の皮膚を取り除くことで厚くなってしまったまぶたを改善する治療です。眉毛の下辺に沿って皮膚を切開するため、まぶたには傷がつきません。また、目元の印象は大きく変わらないため、とても自然に仕上がります。

さらに、眉の下部分は皮膚の構造上傷が残りにくく腫れにくい部分です。そのためダウンタイムが少なく、施術当日に洗顔・メイクもできます。

眉下リフトで期待できる効果

眉下リフトは、単なるたるみ取りではありません。施術を受けることで、たるみの解消以外にもさまざまな効果が期待できます。

・まぶたがスッキリして目を開けやすくなる

たるみが解消されればまぶたの「かぶさり」が気にならなくなり、目を開けやすくなります。そのため、眉下リフトはたるみで視野が狭くなっている方にもおすすめです。

・目の印象はそのままに、目元がスッキリする

眉下リフトで切開するのは、眉毛の下部分のみです。目の形を変えず、余分なたるみを取り除き引き上げるだけなので、目元の印象が大きく変わることはありません。

・自然な仕上がりで、若々しく見える

上まぶたのたるみは老けた印象につながるため、眉下リフトは若々しさを求める方にも人気です。また、眉下リフトは眉下のラインに沿って切開するため傷が目立たず、とても自然な仕上がりになります。

・二重の幅が自然に広がる

眉下リフトでたるみを解消するとまぶたが軽くなるため、二重の幅が自然に広がってきます。「二重がはっきりしない」「二重が部分的に狭くなっている」という場合も、眉下リフトで改善できる可能性があります。

・二重にせず目元をはっきりさせることができる

一重まぶたで目元が重い印象になっている場合にも、眉下リフトはおすすめです。二重にすると目元の印象が大きく変わってしまいますが、眉下リフトなら一重のまま目元をはっきりさせることができます。

眉下リフトはこんな方におすすめ

上記のことから、眉下リフトが特におすすめなのは以下のような方たちです。

  • 上まぶたのたるみが気になる方
  • 目尻がたれている方
  • 視野が狭くなったと感じている方
  • 眉毛から目までの距離を短くしたい方
  • 二重をはっきりさせたい方
  • 目立つ傷跡を残したくない方
  • 目の印象を大きく変えずに若返りを目指したい方

一つでも該当する項目がある場合は、眉下リフトを前向きに検討することをおすすめします。

【眉下リフト】施術の流れとは?

人, 女性, 屋内, 持つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

次に、当クリニックにおける眉下リフトの施術の流れを紹介します。

眉下リフトの手術の流れ

眉下リフトは複雑な手術ではありません。しかし、皮膚を切開する位置や範囲、縫合のテクニックなどが仕上がりに大きく影響する繊細な施術です。当クリニックでは、切除部位のデザイン、皮膚の切除・縫合、そしてアフターケアまですべての治療を長澤院長が担当し、患者様の希望に沿う仕上がりを目指しています。

・デザイン

上まぶたのたるみの状態や原因をていねいに診察し、切除する皮膚の範囲、厚さなどを決定します。おおよその切除範囲は、上記の図のとおりです。切除する範囲が決まったら、皮膚に直接マーキングします。

・切除

切開する部分に局所麻酔を施します。十分に麻酔が効いている状態になったら、マーキングに沿って眉下を切開します。そして出血をおさえながら、たるみの原因となっている余分な皮膚を取り除きます。

・縫合

眉下のラインに合わせて、ていねいに縫合します。治療の跡は眉毛でかくれるため、傷跡はほとんど目立ちません。

眉下リフトのダウンタイム

眉下部分は、切開しても傷が腫れにくく、傷のふくらみもあまり目立たない個所です。そのためダウンタイムはごく短く、施術当日に洗顔・メイクも可能です。

術後に大きな腫れや内出血はほとんどありませんが、気になる場合はできるだけ冷やすようにしてください。

ただし、施術後7日間は縫合部分に糸が付いた状態になります。そのため、まとまった休みが取れるタイミングで施術を受けるのがおすすめです。

なお、抜糸するまでは肌色の細いテープで傷口を保護しますが、抜糸後はファンデーションで傷口を隠すことができます。

眉下リフトと同時に施術可能!おすすめのたるみ治療

眉下リフトを行なう際には、ゆるんだ筋肉の処置や余分な脂肪の除去を同時にすることも可能です。最後に、眉下リフトと同時に施術できるおすすめの治療を紹介します。

眼輪筋の切除・引き上げ

眼輪筋(がんりんきん)は目のまわりにある筋肉です。眼輪筋はまぶたを開けたり閉じたりする役割を担っていますが、加齢などでゆるみが生じてくるとたるみの原因になります。

眼輪筋が大きくゆるんでいると、眉下リフトだけでは十分な効果が期待できません。このような場合には、眉リフトと同時に眼輪筋の切除・引き上げを行なうことでたるみの解消を目指すこともあります。

筋肉を切ることに不安を感じるかもしれませんが、切除する眼輪筋の範囲は狭いため、まぶたを開閉する機能に支障が生じることはありません。

余分な脂肪の除去

たるみの原因が脂肪にある場合は、眉下リフトと同時に余分な脂肪の除去が検討されます。

例えば、脂肪でまぶたが厚くなっている場合は、ROOFと呼ばれる眉下付近の皮下脂肪の除去を選択するケースが多いです。一方、眼球を包み込んでいる眼窩脂肪(がんかしぼう)の影響でまぶたが前に張り出して見える場合には、眼窩脂肪の除去を検討します。

ROOFと眼窩脂肪をともに除去するほうがよい場合もあるため、カウンセリング時に施術医としっかり相談しましょう。

長澤院長も施術済み!眉下リフトは当クリニックにご相談ください

上まぶたにたるみがあると、若々しさが感じられず年齢より老けて見えることもあります。また、上まぶたが重くかぶさっていると、視野が狭くなり不便を感じることも少なくありません。

眉下リフトは比較的傷が目立ちにくく、目元の印象はそのままにリフトアップを叶えることができる施術です。とはいえ、顔にメスを入れるのには相当の勇気が必要ですし、不安を感じる方も多いことでしょう。

当クリニックでは、院長自ら眉下リフトの施術を受けたことがありますので、患者様の不安はよく理解しております。他院では言えないような不安や疑問点なども、どんどんぶつけてください。常に患者様に寄り添った診療・説明を心がけ、ご希望を叶える治療を提案いたします。

目の印象を変えずにまぶたのたるみを解消したい方は、お気軽に当クリニックにご相談ください。

なお、当クリニックでは長澤院長公式YouTubeチャンネルを開設しています。眉下リフトの手術動画やダウンタイムの経過なども多数公開していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧