【二重整形のダウンタイム】治療別の経過について紹介します

【二重整形のダウンタイム】治療別の経過について紹介します

二重整形には、メスを使わない方法とメスを使う方法の2種類があります。しかし、ダウンタイムやまぶたの状態が落ち着くまでの期間は、治療方法によって大きな差があります。

そこで今回は、治療方法ごとのダウンタイムを中心に、施術後の経過や注意すべき点を解説します。手術後にメイクやコンタクトレンズの使用が可能となる時期についてもふれていますので、つけまつげやコンタクトレンズを常用している方は参考にしてみてください。

二重整形の方法は大きく分けて2種類

二重整形の方法としては、「埋没法」と「切開法」があります。ダウンタイムは手術方法と深い関係があるので、まず両者の治療の概要と特徴を説明します。

糸を使って二重ラインをつくる「埋没法」

「埋没法」はメスを使わず、糸を使ってまぶたに二重ラインをつくる方法です。糸は、二重のラインにそって数ヵ所埋め込みます。まぶたにある堅い「瞼板(けんばん)」という部分に糸を輪のように縫い付ける方法を「瞼板法(けんばんほう)」、まぶたの筋肉と二重をつくりたい部分を糸で結ぶ方法を「挙筋法(きょきんほう)」と呼びます。

施術時間は早ければ10分程度で終了します。また、皮膚を切開しないので、まぶたの腫れる期間が短いのが特徴です。そして、治療後の早い時期(糸が癒着する前)であれば、埋め込んだ糸を抜いて元の状態に戻すことも可能です。

しかし、治療をしても加齢にともない皮膚がたるんでくると、二重の幅がせまくなってくることが多いです。また、皮膚が厚い場合や脂肪が多い場合は、治療をしても糸が外れてしまうこともあります。

効果持続期間が長い「切開法」

「切開法」は、上まぶたをメスで切開して二重まぶたをつくる方法です。切開法には「全切開法」と「部分切開法」があり、まぶたの脂肪が多い場合、たるみが大きい場合には「全切開法」、まぶたの脂肪が少なくたるみが気にならない場合は「部分切開法」が選択されます。

切開法は、埋没法では治療が難しい皮膚の厚いまぶた、脂肪の量の多いまぶたでも治療をすることができます。また、埋没法のように「糸が外れて元に戻ってしまった」というトラブルも生じません。切開したラインは残りますが、二重ラインの部分なのでそれほど気になりません。

ただし、手術時間は1時間ほどかかり、ダウンタイムも長めです。さらに、理想の二重になるまでに半年ほどかかることもあります。

【二重整形】埋没法のダウンタイムと経過

【二重整形】埋没法のダウンタイムと経過

では、埋没法のダウンタイムなど、術後の経過をくわしく解説します。

埋没法のダウンタイムは3~7日程度

埋没法を受けた場合、まぶたの腫れが目立つのは3日間ほどです。ただし、完全に腫れが引くまでに、1~3週間ほどかかることもあります。目の充血も生じますが、1週間程度で落ち着きます。

手術からしばらくは、まぶたが腫れているため二重の幅を広く感じることがあります。しかし、1~2ヵ月ほどすれば落ち着き、自然になじんでくるので、経過を見守るようにしましょう。

コンタクトレンズやつけまつげは3日目から

シャワー・洗髪は当日からできる場合がほとんどですが、洗顔やベースメイクは翌日以降からとなります。そして、アイメイクは3~7日目以降に可能になります。コンタクトレンズやつけまつげも、3日目までは避けましょう。

度入りコンタクトレンズを常用している方は、手術当日は眼鏡を忘れずに持参しましょう。また、アイメイクなしで外出することに抵抗がある方は、伊達眼鏡をあらかじめ用意しておきましょう。

なお、まぶたに内出血が生じることもありますが、たいていメイクで隠せる程度のものです。色は時間とともに薄くなるので、心配ありません。

ダウンタイム中に注意すべきこと

埋没法を受けた後に、目を強くこすると糸が外れてしまう可能性があります。特に花粉症の方は、花粉症シーズンを避けて治療スケジュールを立てるようにしましょう。

また、血行がよくなるような激しい運動・飲酒・サウナなども避ける必要があります。血行がよくなると、まぶたの腫れがひどくなる可能性があるので、治療を受けたら数日~1週間は控えるようにしましょう。

また、タバコも避けるようにしましょう。タバコを吸うと血管が収縮するため、傷の回復に必要な栄養素が届きにくくなります。

パソコンやスマートフォンの長時間使用も、厳禁です。電子機器を長時間使用すると目が乾燥するため、無意識に目をこすりやすくなります。また、目のまわりの筋肉が疲れると血流が悪くなり、栄養不足から傷の回復が遅くなる可能性があります。

そして、感染症予防のため、プールや海水浴も治療後3日程度は避けるようにしましょう。

なお、手術直後は麻酔の影響で目に違和感が生じることがあります。また、まぶたの腫れが強いと、視野がせまくなることもあります。そのため、手術から3日ほどは自動車の運転を避けるのが無難です。

【二重整形】切開法のダウンタイムと経過

次は、切開法のダウンタイムと経過についてです。

切開法のダウンタイムは1~2週間程度

切開法は、埋没法に比べてまぶたの腫れが目立ちます。腫れがもっともひどいのは、手術当日と翌日です。また、3日間ほどは切開した部分に痛みや熱感が生じることも多いです。

抜糸は5日~1週間後に行います。手術から2週間程度は赤い線状の傷が少し目立ちますが、メイクでカバーすることはできます。また、目を開けていれば傷は目立ちません。傷の色はだんだん白っぽくなり、3~6ヵ月ほどすれば目立たなくなります。

腫れや内出血は1~2週間ほどで改善されますが、完全に消失するまでには1~3ヵ月ほどかかることもあります。腫れがある期間は、二重の幅が広く見えることもありますが、手術から半年ほど経つと、二重が自然になじんでくるでしょう。

コンタクトレンズやアイメイクは抜糸後から

短時間のシャワーであれば、当日から許可される場合があります。ただし洗髪や入浴は、手術から2日後くらいから可能とされる場合が多いです。また、感染症を避けるため、洗顔やメイクは抜糸後からです。コンタクトレンズの使用も、抜糸後までできません。

ダウンタイム中に注意すべきこと

埋没法と異なり、切開法は手術部分をこすっても元の状態に戻ってしまうことはありません。しかし、傷への刺激を避け、感染症を予防するために、できるだけこすらないようにしましょう。

運動や飲酒・サウナ、喫煙、パソコンやスマートフォンでの目の酷使を避けることは、埋没法の場合と同様です。自動車運転に対する注意も同じです。

プール・海水浴については、感染症を避けるために抜糸まで(5~7日間程度)禁止となるので、埋没法の場合よりも厳しくなります。

二重整形はダウンタイム期間にも配慮して治療方法を決めましょう

二重整形には、「埋没法」と「切開法」があります。効果持続期間が長いのは切開法ですが、切開法は埋没法よりもダウンタイムが長く、二重が自然になじむまでに時間がかかります。一方、埋没法はダウンタイムが短いものの、糸がほどけて元に戻ってしまうリスクがゼロではありません。目元は顔の中でも目立つ部分なので、治療効果だけではなく、ダウンタイムなど術後の経過にも注意して、治療方法を選ぶようにしましょう。

当クリニックでは、まぶたの皮膚の状態や脂肪のつき方などにも配慮し、よりよい二重整形方法をご提案いたします。片目だけの手術や上まぶたの脂肪を取り除く治療にも対応しておりますので、二重の左右差を改善したい方、重い印象の上まぶたをスッキリさせたい方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。

記事の監修者:長澤 誠一郎

1984年慶應義塾大学医学部卒業。
医学博士。
日本美容外科学会認定専門医。
多くの治療実績を積みながら、
大手美容外科での院長経験を経て、2010年に銀座長澤クリニックを開院。
現在は日本美容外科医師会の理事を務める。
銀座長澤クリニックのすべての治療を担当している。

銀座長澤クリニックは、あなたのお悩みに向き合い、どのようなことでも親身にお応えします。
お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧